スーパーの袋 その3

d0042214_0492861.jpg
スーパーの袋ではなくて、ショッピングバッグと言うのでしょうか?
右上に書かれているのは
Συνοδευουν τα ταξιδια σας.
皆さまの旅のお供に
と言った感じのキャッチですね。
右下のリサイクルマークのお隣は
Προστατεψτε το περιβαλλον
環境を護ってください
日本での「環境を護りましょう」よりちょっと強い感じの言い回しですね。

と言うことで、これはギリシャのお土産屋さんの袋です。







なぜか、中身はブルガリアのバラを使ったハンドクリームやローション。
d0042214_049743.jpg本当に良い香りです。
考えてみれば、ギリシャとブルガリアは国境を接するお隣同士。
ブルガリアにつながる北部ギリシャは電車で通り過ぎたことしかありませんが、
車窓から見た風景は豊かな緑と水に覆われたどこか懐かしいものでした。
エーゲ海諸島やアテネのごつごつした風景とは違う風情があります。

でもオリーブや大理石と言ったギリシャを象徴する産物は、
厳しい気象条件や農業には不向きな土壌の生み出したもの。
人間にはどんなところでも生きていく智恵があると言うことですね。
[PR]
by kranaA | 2009-09-05 00:50 | 読むもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/10185594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さらさ at 2009-09-05 22:42 x
私もスーパー、土産品店、美術館のショップなどなどギリシャの袋が一杯とってあります。とても捨てられなくて・・。
ブルガリアのバラは有名ですよね。こんなハンドクリームやローションを売っているとは知りませんでした。
確かにギリシャの土壌に合うのがオリーブや大理石なんですよね。夏のひび割れた大地にしっかりと立つオリーブを思い出します。
Commented by kranaA at 2009-09-06 22:29
さらささんの袋コレクション、きっとたくさんあるんでしょうね!!
私も捨てられなくて、溜め込んでます。
今年も山火事がひどかったようですね。乾燥してる分、火の回りが早いんですね。
今年のオリーブの出来はどうだろう…。