ギリシャ国旗

d0042214_15305665.jpgアテネオリンピックから早1年が経とうとしています。世界水泳、世界陸上とテレビはにぎやかですが、オリンピックは独特ですね。
昨夏、オリンピックの時期にギリシャに行きましたが、どこもかしこも国旗だらけでした。国旗のついたシャツも流行っていたそうですが、町中のペリプテロ(キオスク)や道端でも模造紙大ぐらいの国旗が売られていました。
クレタ島の村でも子供が宿題で描いたらしい国旗が2枚飾られていました。学校で作ったみたいです。
もともとギリシャは母国への思いが強い人が多いと思います。古代ギリシャから始まってキプロス問題まで様々な歴史の経緯があるからでしょうか。普通の会話の中で「パトリーダ マス(私たちの国)」といった言葉を聞くことがあります。πατριδα(パトリーダ 祖国)
この旗のひとつはオリンピックの前売券を販売していたアルファ・バンクで友人がもらってきてくれたものです。もう一つは聖火リレーの時、配っていたのをもらい損ねた私に、隣にいた2,3才の女の子がくれたものでした。
[PR]