久しぶりのギリシャのタバコ

ギリシャへの直行便は未だ定期運航していないので、ギリシャに行く時はどこかで乗り継ぎをすることになります。おかげでギリシャはイメージの上でも現実でも遠い。ヨーロッパ系の航空会社を使うとその拠点の空港からまた3時間ぐらいはかかりますからね。

ギリシャはシェンゲン条約を結んでいる国なので、ヨーロッパ系の場合は最初に到着した国で入国し、そこからギリシャに移動するときは国内線扱いになるみたいです。おかげでギリシャから帰る時も国際線ではないゲートから出発します。
ということで空港で買うタバコも市内で購入するのと同じ値段。しかも税金が上がってるのでギリシャではタバコが高い。
で、空港でギリシャのタバコを買ってくることもなくなっていました。

今回、初めてトルコ航空を使いました。時間的にはイスタンブールまで11時間、イスタンブールから1時間。トルコはシェンゲン条約の国ではないので国際線扱い。ということで久々にタバコを買ってまいりました!!!!(威張れることじゃありませんが…)
こちら!!
d0042214_18184168.jpg
(大きさ比較のため日本のタバコを並べてあります、念のため)
以前も紹介したギリシャ製のタバコ「カレリア」のスリムバージョン。「Ome」
d0042214_1819061.jpg
最近こういうスリムなのが流行っているらしく、多くの女性が吸っているのを見ました。一箱3.2€です。
d0042214_18193236.jpg
細くても害は変わらないので吸いすぎには気を付けましょう。

ところで帰りのアテネ―イスタンブール便、エアバスはほぼ満席。飛行時間が1時間もない上、黒海上空では結構揺れます。それでも国際便なので、食前酒に始まるちゃんとした機内食が出るので大忙し。隣の席の親子は飛行機が着陸態勢に入ってシートベルト着用サインがついてもまだ食事をしていました。
[PR]