ギリシャの紙モノ1

GWも終わって忙しい毎日が戻ってきました。
何だってこんなにイベントが多いんだ、5月は…と思いながら老体に鞭打って平日も休日も外に出ます。来週はギリシャの作家、国際ニコス・カザンザキス友の会創立25周年の節目に東京で記念講演がありますよ。

ところで前回、紙モノ2とかタイトルを付けたんですがまだ1を書いてなかったんです。
失礼しました。
そんな訳で、今回もギリシャで手に入れた紙モノです。
でも今回は買ったものじゃありません。

スーパーなどで手に入れたもの。
こちらはモナスティラキにあるスブラキピタのお店ΜΠΑΙΡΑΚΤΡΗΣでスブラキを包んでくれる紙と紙ナプキン。
美味しくていつも並んでいるので、食べたことがある方も多いと思います。
d0042214_2031592.jpg
こっちはアシナス通りの市場にある八百屋さんの袋。
d0042214_20351529.jpg
最後にまたまたスーパーマーケットの袋。ギリシャのスーパーでは袋入りの野菜もありますが、量が最低でも1キロと大入り。1個単位で買う時にはこの袋に入れて、店員さんに量ってもらい値段を付けてもらいます。
d0042214_20363518.jpg

どの袋も(当たり前ですが)書かれているギリシャ語が可愛い、といただいてきました。
こういう袋の質も昔に比べれば格段に良くなったし、おしゃれになりました。それでいてギリシャ語が味を出してますよね。
ユーロ圏に加盟したことは色々と問題のタネになっていますが、こうした日常品の質はEU統合で一気に向上しました。昔のざら紙や質の悪い印刷も味があってよかったな、と思うのは旅行者の勝手。

あ、ちなみにちゃんとおことわりしていただいてきました。可愛いと思ったみなさん、勝手に持ってこないようでね。ギリシャ人は気前がいいのでお願いすればちゃんとくださいます!!
[PR]