Φλαμουρι(Τιλιο)

もう一ついただいフラムーリというハーブ。英語ではTiliaというそうです。日本では聞いたことがないな、と思って調べてみたら、シナノキという木の葉と花。Linden Tree、菩提樹の仲間のようです。可愛いお花ですね。
d0042214_1933526.jpg

長野県に良く見られた木だそうです。日本ではハーブとしてあまり使用されていないのか、ネット上の情報が少なかったのですが、ギリシャのハーブのお店では大抵、取り扱いがあるようです。精神を鎮静させる効果があるそうで、寝る前に沸かしたお湯に入れてお茶として飲むと良いと書いてありました。
いただいたものはお友達のお父さんが作られたもの。彼女は幼稚園の頃にはこうした自然の力を利用したセラピーに興味を持ち、先生に隠れて怪我した友達に処方していたとか。ギリシャではハーブが良く使われているからでしょうね。それからカラーの方に興味を持ち、日本の気の力に魅かれて日本を訪れるようになりました。
私はどちらかというとジャンク食いで、不健康な暮らしをしている方だと思います。それでも冬になって乾燥したり、喉が痛くなったりすると、体が自然に野菜や果物また暖かいカフェインの入らないお茶を欲するのがわかります。
身体の声を聞きながら、このお茶も試してみようと思います。
[PR]
by kranaA | 2013-12-07 19:36 | 食べるもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/20073443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]