コロナキ広場

アテネのランドマークと言えば、シンタグマ広場。ショッピング街やプラカ、パルテノン神殿も近く便利ですね。
でもアテネで高級なショッピング街というとコロナキ広場が有名です。シンタグマ広場から国会の左側を走るバシリスソフィアス大通りを進んで少し、左に入ったところにあります。リカビトスの丘に向かう方面。周辺の通りには高級なお店が並んでいます。食品や生活用品もこだわりのお店が多いところです。
かつて、コロナキ広場を囲む通りの一角にギリシャで一番高い靴屋さんがあったそうです。が、今ではパンとケーキを売るお店になっていました。
d0042214_21442274.jpg
そのパン屋さんで見かけたのがこれ。ワンちゃんをつないでおくバー。
d0042214_21444052.jpg
ギリシャで初めて見ました。こんなところにもこだわりがあるんですね。
コロナキ広場自体は小さな広場です。実はコロナキというのは俗称で、本当はフィリキスエテリアス広場(Πλατια Φιλικης Εταιριας)と言うそうです。ギリシャがオスマントルコから独立する時に中心となったのがフィリキエテリア(友愛会)という組織。その名がつけられているのです。周囲にはスクーファ通り、ツァカロフ通りと言ったこの同盟の創立者たちにちなんだ名前の通りが並んでいます。

ですが、今ではフィリキスエテリアス広場と言われてピンと来るギリシャ人はまずいないでしょう。それほどコロナキの名前で通っています。じゃ、何故、コロナキって言われるのか?それはこちら。何に見えますか?
d0042214_21452213.jpg
そうただの柱。遺跡で見るような大きなものではなく、普通のお家に使われているぐらいの柱。他の偉人たちの胸像の中にひっそりとありますが、これこそがその名前の由来だそうです。
ギリシャ語で柱はκολωνα(コローナ)。そこに小さいものを意味する接尾語-ακη(アキ)をつけてκολωνακη(コロナキ)になります。

じゃ、一体この柱は何?このことを教えてくれたギリシャ人に聞きましたが、その人もそれは分からないそうです。アテネに行って時間が余ったら、広場のどこにあるか、探してみてくださいね。
[PR]
by kranaA | 2014-01-25 21:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/20276488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]