クレタ島の結婚式のお菓子

先日、クレタ島から小包が届きました。本を送ってくれたのですが、一緒に素敵なお菓子が入っていました!!!
d0042214_213918.jpg
ξεροτήγανο(クセロティガノ)というお菓子で、調べてみたところ結婚式に出すお菓子だそうです。クリスマスにアテネで良く食べるδίπλες(ディプレス)というお菓子があります。パイ生地を春巻き状に巻いて揚げナッツやシロップをかけたもので、外側がしっとり、中はサクサクというお菓子ですが、それに少し似ています。

いただいたクセロティガノはサボイダキスというケーキとパンメーカーのもの。こちらのサイトを見ると美味しそうなケーキやパンの写真が並んでいます。

レシピを探してみました。大きく違うのはまず形。生地を棒状にたたみ、それをくるくると巻いてあります。もう一つの違いはクレタ島のお酒、ρακί(ラキ)が生地に入っている点。
ラキはクレタ島で作られる醸造酒でとても強いお酒です。私がいただいたことがあるラキはすっきりして飲みやすかったですが、アルコール度が40%近いのでおちょこのような小さなグラスでちびちび飲むのがちょうどいいようです。

このクセロティガノもかかっているシロップがとても甘くて、一かけら食べてはお茶を飲んでいます。

クレタ島にはすっかりご無沙汰。ずいぶん、人も街も変わったんだろうなぁ。
[PR]
by kranaA | 2014-04-13 21:20 | 食べるもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/20574661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]