ポテトチップス

告白します。私はジャンクフード食いです。
高校生の頃はお昼御飯がポテトチップス、なんてことはざらでした。
そんなわけでギリシャに行った時も必ずポテトチップスを購入します。
d0042214_10411091.jpg
ギリシャにもいろいろなスナック菓子はあるのですが、ポテトチップス以外のコーンスナック系で美味しいものにまだ出会えないんです。今まで試したものは塩気がなくてスパイスの味だけが強烈なものとか、あまり味のないものとか。あ、最近、とんがりコーンに似た、というかそっくりそのままのお菓子を友達宅で食べました。要するに日本のスナックの方がずっと美味しいってことかな。

思うに日本ではおせんべいという甘くないおやつの歴史があって、甘くないお菓子も色々と発展してきたのではないでしょうか。でもポテトチップスはポテトフライという食生活の一つから始まったので海外でもそれなりのレベルのものが食べられるのだと思います。ま、根拠のない個人的印象ですが。

さてギリシャと日本のポテトチップスの違い。ギリシャのものの方が味が濃いと思います。シンプルな塩味にしても塩が強い。あと塩の付き方にバラツキがあります。
それから袋。ギリシャのものに限りませんが、袋は日本のものの方が厚くなっています。しかもしっかりシールされています。
ギリシャのポテトチップスは両手で引っ張ると簡単に開きますが、日本のものは男性でも開けるのに苦労しますよね。これって湿気から製品を護るために日本のメーカーさんが努力した結果だと推測しています。
スナックの封を開けたまま次の日食べてもパリパリしている国と開けた口をしっかり締めても次の日にはパリぐらいになってる国。
空気の重い今日みたいな日に、朝っぱらからポテトチップスを食べたりしてそんなことを考えているわけです。
[PR]
by kranaA | 2014-07-13 10:43 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/20902873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]