ΙΠΟΠΟΤΑΜΟΣ

寒いですね。こんな夜はお家でぬくぬく温かいお茶が一番、って年ですねぇ。

アテネの若い人が夜、出かけるのはやっぱりバー。バーと言ってもコーヒーやちょっとした食べ物もあるカフェバースタイルです。どのお店も個性があって外から眺めるだけでも素敵。テーブル席の方が多いし、おしゃべり好きなギリシャ人のこと、一杯で何時間いても気兼ねなく過ごせます。
d0042214_20505679.jpg
アテネの中心地でバー巡りをしたらきっと何年もかかるぐらいたくさんのお店があり、当り外れも少ないので、ナイトライフも楽しみましょう。もちろん安全な地域を選んで!!

そんな素敵なバーですが、一つ難点があります。オシャレな外装、中も素敵そう、とドアを開けた途端、大音響。ギリシャ人は声が大きく通るのでこんな音量でも問題なく会話が楽しめるのかもしれませんが、聞こえるか聞こえないかのBGMに慣れた日本人にはちょっと辛いです。
そうパチンコ屋さんの前を通りかかった時、たまたまドアが開いて突然音に攻撃されるみたいな感じです。

元旦の夜、比較的静かなお店を選んでお茶をしました。元旦だから人が少ないのかな、なんて思ってたら大間違い。時間が遅くなるに連れ、人出が増すのがギリシャです。店内の人口密度が高くなるに連れ、BGMのボリュームも上がってきました。結局1時間でギブアップ。こんな中で2時間も3時間も一杯のコーヒーやお酒で喋り続けられるギリシャ人って本当にすごい!!!
d0042214_20494537.jpg
その帰り道、アテネでこうしたカフェバーの先駆であるΙΠΟΠΟΤΑΜΟΣ(IPOPOTAMOS)の前を通りかかりました。1978年オープン、若者文化の中心的なお店でした。惜しまれつつ閉店し、最近復活しました。次回は是非入って見たいと思います。
出来ればBGMのない外の席でお茶が出来るぐらい暖かい日に…。
d0042214_20501545.jpg

[PR]
by kranaA | 2015-01-10 21:01