自転車 in metro

d0042214_21422078.jpg
随分前から書きたかったんですが、なかなか写真が撮れなくて放っておいたテーマです。
ヨーロッパでは良く見かけることですが、日本人にはあまり慣れない風景。電車の中の自転車。
アテネはアップダウンも多いし、車も多いし、歩道は駐車車両で一杯だし、と自転車には非常に不向きに思えます。もちろん自転車で遊ぶ子供もいますが、交通手段としての自転車を良く見かけるようになったのはこの7、8年のこと。多くはタイヤの太いスポーツタイプ。
もちろん折りたたみなんぞではありません。ところがこれ、アテネ市内を走る地下鉄に乗せられるんですね。路線によって違いがあるかもしれませんが、ピレウスからキフィシアを結ぶ古い路線では一番後ろ(もしくは前)の車両のドアに自転車マークが貼ってあってそこに乗せても良いようです。
アテネの地下鉄にもエレベーターがあるんですが、動かなかったり、自転車の入る大きさじゃなかったり、ということでエスカレーターで自転車を運ぶ人も良く見かけます。
周囲の人が動じてないのでとても普通なんでしょうね。

日本ではどうなんだろう、とある私鉄の駅で聞いてみました。持込み荷物は重量は30㎏まで、長さは2mまでという制限はあるそうです。ですが、自転車について明確な規定はなく、折りたたみで袋に入れたものなら可、通常の自転車はうーん、とのことでした。東京周辺の電車事情を考えると、自転車を乗せることなんて想像もしませんからね。

シンタグマ広場からモナスティラキ広場に向かう途中で見たこれは芸術?それとも駐輪?
d0042214_21532696.jpg

[PR]