ザ・カフェニオン in アテネ

ちょっとだけタイトルが違います。ギリシャではカフェは私達にもなじみ深いカフェ。
でもカフェニオンになると昔ながらの男性の社交場。ギリシャコーヒーをちびちびと飲みながら、バックギャモンをしたり、喋ったり、ただずっと座っていたり。
私は長い間、クレタ島の小さな村のカフェニオンにお世話になっていました。こちらは村のよろず屋さんを兼ねていたので、ちょっとした商品も置いてあり、子供や女性も出入りしていましたが、座ってコーヒーを飲むのは男性だけでした。朝の仕事を終えた羊飼いのおじさんや散歩をしているおじいさんなど皆毎日同じようにやってきてはおしゃべりし、テレビを一緒に見て時間を過ごしていました。客単価も低いし、回転率も悪いし、どうやって成り立っているんだろう、と思うような経営スタイルですが、人々が集まる広場的な役割を果たしていました。

アテネではこうしたスタイルのお店は本当に少なくなっています。アシナス大通りのモナスティラキ広場寄りにこんな雰囲気のお店を見かけましたが、観光地に近いせいかもっとおしゃれでした。
d0042214_22224819.jpg
写真はエクサルヒアで見かけたカフェニオン。窓ガラスにもきっちりと伝統的カフェニオンと宣言しています。1月2日の早朝でもおじさんたちが出入りしていました。あ、アテネにも昔ながらの…でもよく見ると奥さん連れもいて、伝統に浸りたいのは観光客だけかも、と思いました。

[PR]
by kranaA | 2017-02-10 20:13 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/23829186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]