Μάρτης

いよいよ3月になりました。今日は雨で寒いですが、日差しは確実に春になっていますね。
昨日の3月1日、ギリシャの友人のFacebookで紅白の紐の写真をいくつか見ました。
日本で一昔前まで、お祝いの木箱などに結ばれていた紐そっくり。今までギリシャ絡みでは見たことがなかったのでとても気になって調べてみました。
3月1日に紅白の紐をミサンガのように腕に巻くという習慣が、ギリシャで40年ぐらい前に流行ったようです。ギリシャだけでなくヨーロッパ特にバルカン諸国に広がっていたようです。
名前はΜάρτης(マルティス)。検索したら可愛い細工がたくさん見つかりました。

どこの国でも赤と白はおめでたい色なんだな、と思います。遠く離れた国々でも、3月に春の訪れを寿ぐ習慣があるのに、とってもほっこりしました。


[PR]
by kranaA | 2017-03-02 20:15 | 身につけるもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/23896751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]