バクラヴァ

私の職場には何人かの海外出身者がいます。
前々回のクレタ島のお菓子を職場に持っていったらオーストラリア出身の同僚が「このお菓子を持ってきてくれて、本当にありがとう」と喜んでくれました。
その前にギリシャで買ったバクラヴァを持っていったら別の海外出身者が「日本に来て初めてバクラヴァを食べた。大好きだからずっと食べたかった。本当にありがとう」と涙を流さんばかりに喜んでくれました。
そんなに喜んでいただけるなら、と6月に日本に来た友人にバクラヴァをお土産に欲しいとお願いしました。
「最近、シンタグマに出来た店で美味しいって評判だから、買ってきたよ」
d0042214_22502674.jpg
箱に書いてあるのはトルコ語ですが、もともとバクラヴァはトルコのお菓子ですから、本場のバクラヴァがアテネ進出ということですね。
種類も豊富。
d0042214_22504835.jpg
早速、職場に持っていきました。海外出身者は大喜び。特にバクラヴァ好きの同僚はこの箱の半分ぐらい食べてくれました。このぐら喜んでもらえるともっていきがいがあるという物です。
美味しそうだったので私もいただきましたがやっぱり日本人には超甘‼1回に半個で十分でした。
こちらがそのお店のHPです。

ところでこの友人にはスーパーで売っているような普通のクッキーも頼みました。バクラヴァとクッキーを手荷物で持ち込もうとしたら、クッキーはダメ、と取り上げられてしまったそうです。何故でしょうか?
&バクラヴァって日本語のわくらばみたいで、あまり美味しそうじゃありません。もっと別の名前を付けたら、日本でもポピュラーになるのでは、なんて思いません?

[PR]
by kranaA | 2017-07-15 22:53 | 食べるもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/24908886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]