ギリシャの新聞 その3

その1~その3はないのですが、4回目の紹介らしいです(自分でも何を書いたか、忘れているので、自分のために検索機能をつけてみました)。
久々にさかのぼって、2002年ユーロスタートの新聞です。切り替え後の2002年1月2日付け。0.53ユーロ、100ドラクマと表記されています。
d0042214_22525923.jpg私は2001年12月末~2002年1月にかけて、ギリシャに行っているのですが、立ち寄ったオランダでは12月中にユーロ立ての設定で物の値段が決まっているなど一番準備が進んでいたそうです。
ギリシャではまだそこまでの切り替えは出来ておらず、ドラクマをユーロに一発換算する電卓が路上で売られていました。
国民には12月中にコインが配布され、店舗にはお釣銭用に更に多いコインが配られていました。私にもおすそ分けがあり、2枚手元に残っています。
たまたま、1月1日にホテルと空港で両替する必要がありました。ホテルでは普通にドラクマが出され、街中での支払いもドラクマでした。
空港で両替すると、ユーロで渡され、初めて「今日からユーロなんだ」と実感しました。その後、小さなお店でアイスを買うのにユーロコインを出したら、「あなたは最初のユーロのお客さんよ」と言われました。
今では、普通に流通しているユーロですが、新聞記事などを読んでいると昔の借款などがドラクマ表記されていて懐かしく思います。
[PR]
by kranaA | 2006-02-12 23:11 | 読むもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/2679918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]