カップ

その昔、ギリシャ国内を移動するための情報は、観光局のくれるこんなコピーが頼りでした。
d0042214_23531515.jpg

初めて本格的にギリシャを訪ねたのはちょうど今頃、Απόκριες(アポクリエス カーニバル)の時期でした。

まだ真面目に観光客していた私は、ある日買ってきたデルフィのチケットを友達に見せました。
「あら、この日はゾイのパーティーだから6時までに帰ってきてね。」
は、ゾイって誰?私も行くの?何のパーティー?6時?

まだギリシャ初心者だった私は、素直に例のコピーを広げました。
帰りのバスは13時のあとは16時までない!!
早朝6時に出発、3時間バスに揺られ、入り口を間違えてどこかの畑を見学し、ようやくたどり着いた遺跡を駆け足で昇り降りした私は無事、13時のバスに乗り込みました。

まだまだギリシャ初心者だった私は、GREEK TIMEを理解していなかったのです。
昼ごはん代わりのスパナコピタのまずさに怒りながら、昼寝中の友達が起きるのを待ちました。
6時過ぎ、起きてきた友達は言いました。「ちゃんと昼寝したの?」

結局、出かけたのは10時過ぎ。
Απόκριεςなど全く理解していない私は、ゾイさんの家でいきなり、ピエロの鼻をつけ、Είμαι Ευτυχισμένος (I'm happy)と書いた紙を貼り付けた男性に迎えられ、のけぞりました。

どうにか事態が飲み込めたのは、さんざん踊らされた後でした。

3時も近づく頃、「帰りたくなったら言うのよ」と言う友達の言葉に速攻答えました。
「もう帰りたい」
本当はすごく楽しくてもっといたかったんですけど、デルフィ帰りの体が先に答えていました…。




d0042214_235735100.jpg後から思えば、ギリシャに着いた翌日には、友達の同僚にパーティー券を売りつけられていたんでした。
結局、この滞在中、私は5つのパーティーに連れて行ってもらったのですが、カーニバルの意味が分かったのはかなり後でした。
だから、私の手紙を読んでいた私の家族は、私以上に訳が分からず、ギリシャ人はしょっちゅうパーティーをしているらしい、と思っていました。

このカップはそのパー券を売ってくれた女性が、帰国時にプレゼントしてくれたものです。
ペアでしたが、ピンクの柄のものは割れてしまいました。
今回、写真を撮ってみて思ったんですが、これは何に使うものなんでしょうね?
[PR]
by kranaA | 2006-02-27 00:01 | 飾るもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/2750495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]