入場券 その3

始めにお詫び申し上げます。コメントをexciteIDをお持ちの方にしか利用できない設定にしてしまいました。
数日続けて迷惑コメントがスパムのように送られました。一つ一つ消すのも面倒くさく、通り過ぎるのを待つのも癪に障るのでひとまず対抗策を取ってみたわけです。
こんなに地味に密かにやってるのに!?早く元に戻せるよう色々やってみますね。
セキュリティ対策も知識不足で不十分…。

インターネットは本当に便利で、コミュニケーションツールとしてかかせないものになっていますが、怖い部分もありますね。
まさに両刃の剣です。

両刃と言えば、イラクリオン考古学博物館にある両刃の斧の勢揃いを思い出します。
あれはかなり怖いです。
クノッソス宮殿のもう一つの象徴である牛の角を模した石造の形からこの両刃の斧が派生したという説を聞いたような気がします。で、こちらがクノッソスの入場券です。(かなり無理やりここまで来ました)
d0042214_2155103.jpgd0042214_21553086.jpg

??年前のものと今年のもの。




このほかにもミノア文明には牛との関わりの深さを示す出土品が多数あります。
エーゲ海地域ではもともと牛を家畜とする文化がなかったので、アナトリア地方から牛を家畜としている牧畜民が入って来てミノア文明を形成したのでは、との説もあるそうです。

こうした異文化交流の跡を見ると人間の未知のものへの渇望が次の時代を拓く原動力になってきたことを感じます。
現代のそうした好奇心と技術をお持ちの方はどうか個人の自己満足の手段にとどめず、もっと良い方向に活かしていただきたいと切にお願いします。
[PR]
by kranaA | 2006-05-11 22:34 | 読むもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/3080796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by agapi at 2006-05-12 06:20
変なコメントがありました。私が檸檬の森を更新した途端に、その瞬間に、来てびっくりしました。機械的に送りまくっている感じですね。
牛といえば今日はシンダグマ広場に牛のオブジェがいっぱいありました。
Commented by kranaA at 2006-05-12 22:05
agapiさん、コメントありがとうございます。アクセスの多い方はもっと苦労されてるんだろうと思います。
牛の話、「檸檬の森」の方で見せていただきました!!面白かったです。