サマーニット

しばらく前に砂糖の消費量に関する記事が新聞に載っていて興味を引かれました。
日本は先進国の中では低い数字だということでした。兼ねてより、料理にも砂糖を使う日本料理は珍しい存在ではないか、と考えておりましたので、ギリシャの数字と比べてみました。
日本が年間1人当たり消費量が19kgなのに対し、ギリシャは28.7kgと言う推定値が見つかりました。
ギリシャの友人を思い起こしてみました。私と同じようにお菓子作りなどしない彼女のキッチンで砂糖が使われるのはいつか…。
d0042214_0264068.jpgそうだ、コーヒーだ!!
ギリシャコーヒーには甘さによって段階があります。ブラック(スケートス)、中ぐらい(メットリオス)、甘いの(グリコス)
泡だったアイスコーヒー、フラッペでも砂糖はどのくらい?と訊かれます。リーゴ(少し)とかホーリスザッハリ(砂糖抜き)と言ってもかなり甘いのが出てきます。

うーん、何か数値的な記憶はないものか…。
そうだ、カフェでコーヒーを頼むと砂糖が2~3袋ついてきたっけ。
スティックシュガーってどのくらい入ってるか、ご存知ですか?細長いので3g。大き目のもので7gです。ギリシャのはどう見ても大きめサイズ。いや、もっと中身が詰まってるかも。
一緒だったギリシャ人は自分の分の砂糖をさっさと2袋入れ、私が「使う?」と差し出した袋も全部空けました。200ccのカプチーノに少なく見積もっても28gの砂糖が入ったわけです。
もはやこのカプチーノは飽和状態では…、一体どんな甘さなんだろう…、と見つめる私にお言葉が…。
「ダイエットしてるの?する必要ないでしょう」

は?ダイエットなんてしてないから…。ぎゃっ、そう言いながら人の二の腕を掴むのは止めて!!
分かりました、ダイエットします、でも私の脂肪は砂糖のせいじゃないから!!
d0042214_027615.jpg
これはいつも私に服をくれるアテネの友人のおととしの夏のプレゼントです。いつもありがとう。どれも活用してますが、これだけはタグがついたままです。

毎日コーヒーを一杯飲んだとしても年間10kgの砂糖をコーヒーだけで消費する件のギリシャ人の健康も気になるところではありますが、日本人の中でも消費量の低いはずの私が二の腕すっきりでこのタグを外せる日が来るのかも気にかかります。
[PR]