ボート

ボートなどと申しましても本物ではありませんよ~。さすがにそれはギリシャから持ってこられません。
女子高生が送ってくれた折り紙のボート。乗っているのは彼女自身かな。
d0042214_1312230.jpg

私はめちゃくちゃ船好きです。生まれたのが港町だったせいだと思いますが、中学生の時には友達と船に乗る会を作ってました。
ギリシャで初めて船に乗る日、お腹を壊して高熱を出してしまいました。友人に「寝てる場合じゃない」と言われ、夕刻、車でピレウスまでどうにかこうにか連れて行ってもらいました。
でも、ピレウスについて初めて居並ぶカーフェリーを見た途端、身体が急に楽になったんです。
あの重油の匂いは自分の脳の奥に染み付いている懐かしい匂いだ、と実感。
おー、これなら行けるぞ!!といきなり元気に前のめりになった私ですが、友人はフェリーの近くで港湾員さんと話をしてUターンし始めました。
「あれれ?どうしたの?」
「今日は海が荒れてて、出航は何時になるか分からないから、チケットを交換してこよう。」
それから3日後、ようやく船に乗ることが出来ました。
d0042214_13213677.jpg

こちらは友人が送ってくれたイドラ島などをセイリングした時の写真。5月なのであまり天気が良くなかったみたい。
今、彼女はパトモス島でセイリング中。いいなぁ!!
[PR]
by kranaA | 2006-08-09 13:27 | 読むもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/3538731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fracoco at 2006-08-09 17:12 x
中学生で「船に乗る会」って・・すごいですね☆
体調不良が船に乗る段になって収まるというあたり、ホンモノの船好き
とお見受けしました。
私も、子供の頃は毎年夏、母の郷里(北海道)へ行くのに船に乗っていて、今でも船と聞くと、旅愁をかきたてられます。(毎度船酔いしていましたが。)目下、開高健のエッセイを読んでいるのですが、ギリシアがひどく魅力的に書かれていて、旅心を誘われます。
Commented by kranaA at 2006-08-10 00:06
結局、中学生の時には乗れなかったんですが(^^;
北海道に行く船と言うのも郷愁を感じますね。今となっては贅沢な時間の使い方を経験されていて、羨ましいです。
車酔いするので、船もダメかと思いましたが、今のところクリアしてます。
開高健さんのギリシアに関するエッセイは読んだことがないですね。今度、探してみよう!!