ギリシャの切手 その5

有名なソプラノ歌手だったマリア・カラスの切手2種です。
d0042214_2321383.jpgこれはオペラの衣装を身に着けた彼女の姿です。多分、彼女が得意とした「ノルマ」と言うオペラのものではないかと思います。
私は、彼女のことはギリシャ人のソプラノ歌手としてしか知りませんでしたが、彼女はニューヨーク生まれだったそうです。と言っても彼女の両親は8月にアメリカに渡り、同じ年の12月に彼女が生まれたので生を受けたのはギリシャと言えますね。
13歳で両親の離婚に伴い、母とギリシャに戻って本格的な音楽の勉強を始めたそうです。

d0042214_2331976.jpgこの切手の横には英語でのサインが入っています。
ギリシャ語ではカラスはΚΑΛΛΑΣとつづりますが、英語ではCALLASとCで始まるんですね。
本名はΚαλογεροπουλου(カロゲロプールー)だったんですが、アメリカで父親が薬屋を始める時にカラスに改名したそうです。確かにこれじゃ、覚えにくいですものね。
CDで聴いた彼女の声は、私の想像していたものとはちょっと違っていました。
抜きんでた表現力が高く評価されているマリア・カラスなので、舞台でこそ、その真価が伝わるのかも知れません。

ギリシャ人男性が「僕の一番好きなオペラは蝶々夫人だ」と話しかけてきました。
私は一番好きなオペラを語れるほどオペラを見ていないし、「蝶々夫人」は音楽的なことは別として、その背景や人物像が好きではなかったのでこの話題にはのれませんでした。
(その上、以前も書いたように、私は生き物「蝶々」が大嫌いです)
日本人に対するリップサービスだとも思ったんですが、そのこと自体ステレオタイプな捉え方だと思い、そっちの方に話を持っていって反論してしまいました。
今思うと、会話のための話題に過ぎなかったのに大人気ない。
ショスターコーヴィチの「マクベス夫人」の舞台装置が良かったとでも言っとくんだった。
いっそ「ある晴れた日に」でも歌い出だせば良かったかな。

9月16日はマリア・カラスの命日です。
[PR]