ギリシャの百均

d0042214_053348.jpg百円均一と言うの登録商標ではないですよね?
正確に言うと1ユーロとか1.5ユーロ、2ユーロなどの均一定価なので百円ではないんですが、ギリシャにもありました。
アテネでは見かけたことがないのですが、イラクリオンでは2002年にはカロケリヌー通りで2軒を確認。新年だったので品揃えは確認できず。
2006年には1866通りで2軒を確認。1軒は日本の百均に似た品揃え、もう1軒で購入した品物が今回の商品です。
d0042214_062975.jpgここは1.5ユーロショップですが、バッグ、アクセサリー、下着などが多く女性客がたくさんいました。

こうした製品はやはり人件費の安い国で生産されているんでしょうね。ギリシャ製もあるのかもしれませんが、屋台などで売っている安いクリスマス飾りを見たときにmade in xxxxxと言う文字を良く見かけたので輸入物が多いのではと推測しています。
友人は家具の店を2軒やっていますが、イタリア、トルコ、イスラエルなどから仕入れていると言っていました。1軒は高級家具、もう1軒はリーズナブルな価格のものという設定だそうです。
以前は東アジア、東南アジアからの仕入れもしていましたが、品質に問題があり、止めたそうです。

もしドラクマ時代にこういう百均があったとしたら100ドラクマショップ=35円ショップという価格設定だったかもしれません。
現在は1ユーロショップ=150円ショップです。
これはギリシャが豊かになったということなんでしょうか?

d0042214_064967.jpg一方で、日本もこの人件費が安く、製品を輸出する側だった時代があります。そこで培った技術力が日本の経済発展の原動力となりました。
同様に現在の世界の工場も次の世界の経済の中心地になる可能性があります。
そうなれば次の低コストの生産地へと資本は移っていくのでしょうね。

私には経済活動の大きな流れは良く分かりませんが、自分自身も含めて安いことに価値をおく日本の消費社会に疲れています。
安いということに価値を見出して旅をする人を見ることがあります。
物価が高くても安くてもギリシャは行きたい国であり、日本もそういう国であってほしいと思います。
[PR]
by kranaA | 2006-09-19 00:07