ギリシャの切手 その6

何だかもっとギリシャらしいものを探して来た方には申し訳ないものが続きますが…。
今日の7時台、NHKニュース&民放でギリシャで大雨で川が氾濫、ホテルが被害にあったニュースを見ました。
旅番組でもないのにクレタ島の映像を朝っぱらから見るのも滅多にないことです。
数日前の記事でクレタ西部のハニャーに大嵐の予報が出ていたので、あまり驚かなかったのですが、民放の方はアテネも大雨、とのことで、一応、イラクリオンの友人に電話をかけました。
「違う地域だから大丈夫」
d0042214_22434960.jpg

さてこの切手、消印の日付をご覧ください。これは「阪神・淡路大震災」の際、クレタ島の友人が安否を気遣ってくれた手紙のものです。
私は関東在住でしたので、生活に支障はありませんでしたが、自分が無事だからと言って、喜べる状況ではありませんでした。
それでも、お礼と無事の電話を入れると、皆が心配している、被災地の皆様のことを祈っている、と言っていました。当時はお伝えするすべがありませんでしたので、今更で申し訳ありません。
99年のアテネ大地震の際には、私の方がアテネ在住の友人の安否が気になって電話をしまくりました。
アナウンス案内や応答なし、たまにつながっても出ない、職場の電話からは出来ないので、何度も公衆電話に走りました。
結局、彼女の実家の電話番号を国際電話番号案内に問い合わせて、実家のお母さんから無事を確認しました。(無事でしたが、数日、車で過ごしたそうです)

当時はギリシャの情報と言っても本当に限られていました。
今はギリシャの天気予報も見れるので余計な心配をしなくて済みます。
でも今回のようにテレビニュースという形になると、大きな影響力がありますよね。
ニュース報道と言うのは、客観的に見えて、実は送る側が送りたいものを発信しているということを考えて見なくてはならないものだと思います。
その中から、本当に正確で自分に必要な情報を探り出すことは相変わらず難しいことです。
[PR]
by kranaA | 2006-10-19 22:47 | 読むもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/4037296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marri at 2006-10-20 12:06 x
もうおととしの暮れの事になります。タイで津波が起こりましたね。その数日後、予約のタイ旅行へ出かけました。いくその瞬間まで中止になるかも・・・って出かけたものです。
現地について、バンコクとプーケットは国内でも800キロも離れた所、なんてことなく観光して帰ってきたことが有ります。まあ~日本で言えば東京と大阪の様なもの。遠い国から聞くと全てが一箇所のように思えてくるものですね!
Commented by kranaA at 2006-10-20 13:41
ありがとうございます。そうなんですよ、報道が不正確とか言うのではなくて、ローカルなことを詳しく報道する必要がないからなんですが、ついつい心配しちゃいます。
タイのクーデターの報道も現地にいる方は、大げさすぎない?って思って見てたそうです。