クレタ歴史博物館 入場券

かなり古いチケットで申し訳ありません。現在の情報はこちらでご確認を。
d0042214_0321523.jpg

私としては一押しの博物館ですが、なかなか再訪する機会がありません。
改築も行われたようなので、更に展示が充実しているだろうと期待しています
ベネチア時代、トルコ時代、独立戦争、第2次世界大戦と近代ギリシャの歴史の流れを展示してあります。クレタ島の生活の歴史もまじえて、エル・グレコ、ニコス・カザンツァキス等のクレタ出身の著名人関連の展示も豊富です。
第2次世界大戦時のギリシャ首相、ツデロスの書斎もあります。私はこれをヴェニゼロスのものと勘違いしていました。
ヴェニゼロス、エル・グレコなどについてはlemonodasosさんの「日刊ギリシャ 檸檬の森」で紹介されているのでご参照ください。



ところでこの博物館を訪ねたのはバスの時間までの暇つぶしのためでした。
早朝6時半、フェリーでイラクリオンに到着したものの時間をもてあましていたのでした。

そこでこの博物館へ。冬の朝一の客だったせいか、暇そうな職員のおじさんが、まだ、開きたての博物館の各部屋の説明をしながら案内をしてくれました。
自分のペースで見たいな、と思いつつ、いちいち部屋の電気をつけるので、案内なしでは見られないのかな、と素直に説明を聞いていました。
ところがそのうちに、そのおっさん(格下げ)、これからどこに行くんだ?と関係ないことも話し始めます。めんどいな、と思いつつ、村に行く話をしました。
すると今夜、ブズーキャ(ブズーキを聞きながら飲食するところ)に行こうと言い出したのです。
いや、「今日中に村に行きたいから」と答えると、「明日にすればいい」と言うのです。
実は私、前日ちゃんとバスターミナルに電話を入れて確認しておいたのです。「でも明日はバスはないから」とお断りしました。
すると、親父(さらに格下げ)、「そんなことはない。バスは毎日あるさ」と人の二の腕を取るのです。来たー!!
「触らないで!!ほっといてちょうだい。一人で見たいから!!」
するとオヤジ、いきなりその部屋の電気を消して、出て行きました。あいつー!!

まあ、その後、ゆっくりと見学し、歯磨きもさせていただきました。
出口にそのオヤジがいました。女性職員と私が話しているのを気にしつつ、無視しているふりをしてましたよ。
でもこの博物館の展示物はそんなオヤジを払拭するほど、感動的だったんですよ。次のクレタ行きの時こそ、再訪しましょう。
[PR]