マフラー

今年は早い時期からマフラーを見かけましたね。薄着にマフラーを巻いて、街中を颯爽と歩いている姿を見かけると、私の背筋も伸びます。

ギリシャの習慣にβολτα(ヴォルタ 散歩)があります。
初めてクレタ島の村に行った時、子供達が「ヴォルタに行こう」と誘ってくれ、村のメインストリートを往復したり、畑に下って花を摘んだりして、この言葉を覚えました。
といっても私の思っている散歩とは微妙に違うのがこのヴォルタでした。

d0042214_072068.jpg村では1日の仕事が終わると女性は家にこもり、男性はおしゃべりと軽い一杯のためにカフェニオンに繰り出します。他に娯楽のない田舎のこと、十代後半の男の子もカフェニオンに顔を出します。
私がお世話になっていた家はこのカフェニオンをやっていました。
ある晩、店から外を見ていると、アドニスとマノリスが歩いてきます。店に来るのかと思っていると、通り過ぎて行きました。この先には、何もありません。隣の村まで行くのかな、と思っていたら、戻って来てまた店の前を通り過ぎて行きました。
しばらくして、彼らは店に入ってきました。
そう、これがヴォルタ、ある場所を行ったり来たりすることでした。

アテネの青少年は、1日中、ぐだぐだして夕方になるとめかしこんで出かけていきます。
この場合は男の子も女の子も。日本のようにどこかに入ってしゃべったりもしますが、ヴォルタに疲れてちょっと入る感じかもしれないですね。
ヴォルタが社交や出会いの場になっていることもあるようで、夜の広場に集うおしゃれをした人々の姿をテレビで見たことがあります。

にぎやかな場所ならともかく、端から端まで1㌔もなければ、外灯もない村の道を往復する彼らは、律儀なのか、頑ななのか、なんだか修行してるみたいに見えました。
今ではアドニスもマノリスも都会で就職しています。この前村に行った時、すごい勢いの車に轢かれそうになり、にらみつけたらマノリスが笑ってました。やれやれ、これも成長段階の一つ、とあの日の彼らの伸びた背中を思い出しました。

このマフラーはアテネの友人が私の母にプレゼントしてくれました。一度、外で失くしたのにちゃんと帰ってきた律儀な良い子です。
[PR]
by kranaA | 2006-11-25 00:08 | 身につけるもの | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/4238528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marri at 2006-11-25 12:48 x
このマフラーの柄はペーズリー模様ですね!色も柄も大好きです。たった一枚持って出かけるだけで・・・華やかさだけでなく暖も取れてこれからの時期外せませんね^^そうですか!紛失しても手元に戻ってきたのですね!私もトルコでタクシーのトランクにキャリーバック忘れた事あります。外国で言葉の通じない所で獅子奮迅、1時間後に手元に戻ってきたという武勇伝(?)を持っています。あの時は痛快だったなぁ~^^;
旅ってこんなしょも無いことが心に残っているんですよねlぇ~^^うふふ**
Commented by fracoco at 2006-11-25 15:37 x
私は、kranaAさんとは逆に、今年はマフラー姿の人をなかなか見かけない気がしていました。でも記事を拝見して、マフラー解禁!とさっそく今日は首にぐるぐると巻きつけています。
私は寒くなると、電車を待ちながらホームの端から端へ、うろうろ歩き回る
クセがあるのですが、ギリシャ式散歩法、そのうろうろホーム歩きを思い浮かべてしまいました。ときに「アドニス」君という名前を目にすると、
目のさめるような美少年を連想します。
帰っていたマフラー、といえば、私も経験があるのです。
旅行にしていくつもりだったマフラーを成田で落として、
後日、そのためだけにはるばる空港まで受け取りに行ったことが
ありました。往復の足代の方が高いくらいでしたが、
見放すのはしのびなく・・・。それから6,7年が経った今でも健在です。
Commented by kranaA at 2006-11-25 23:01
marriさん、タクシーでの忘れ物を取り返した武勇伝、それは忘れがたい思い出ですよね。トラブルに遭ってもそれを乗り切るのも旅の楽しみかもしれません。
このマフラー、実はイタリア製でした。この柄使いはイタリアっぽいかも。
Commented by kranaA at 2006-11-25 23:11
fracocoさんの行動範囲のファッションは家の近くとは違っておしゃれなのかも知れませんねぇ。早い時期のマフラー着用は学生さんが多かったです。
皆さんの忘れ物話を聞いて、ちょっと嬉しいです。私も良く落し物するので。大切なマフラーだったんですね?
このアドニス君は赤いほっぺのPOKOちゃんみたいな男の子でした。私も最初に彼の名前を聞いたときには、「生ギリシャ神話!?」と思いましたが、結構、この名前は普通みたいです。もう一人、ちょっと期待できるアドニス君がいましたが、となり村の子だったので見かけなくなってしまいました。
Commented by chiota at 2006-11-28 22:11 x
マフラー、スペインもそろそろ巻く時期になってきました。
太陽が出ている間は大丈夫なんですが、曇りの日&日没後は寒くって。
人一倍寒がりの私は、長袖を着込んで外出するようにしています。

とろこで、お散歩のことスペイン語では vuelta と言います。似てますよね。
ラテン語はともかく、ギリシャ語に起源のある単語もかなりあるので
そのうちのひとつかもしれませんね^^ 歴史を感じます。
Commented by kranaA at 2006-11-28 23:36
こんばんは、ここ数日、家の方は(南関東)雲の多い寒い日です。太陽を見てないです~。スペインは太陽の国のイメージが強いので、どんな冬を過ごされてるのか、興味があります。

ギリシャ語は文字がアルファベットと異なるので、他のヨーロッパの言語と違うイメージがありますが、イタリア語などとは似た単語が多いですよね。スペイン語の知識は全くないので、色々教えてね。