クリスマスカード 聖母

d0042214_21111612.jpgd0042214_21113657.jpg


















正統派クリスマスカードとも言える聖母子をテーマにしたカードです。
左の絵柄は三昔前ぐらいの少女マンガのようではありませんか?
どちらも made in Greece。
ギリシャ語で聖母はパナギア(Παναγία) 、正教では大きなウェイトを占めているようです。
「パナギーア ムー」(ムーはmy 私の)と言う言葉を聞きます。あらあら、とか、やれやれといった感じの時に使ってるようです。宗教的な意味合いはあまりないと思うけど、真似して使うのも不敬かなと意識してたんですが、いつの間にか私の口からも出てきてしまいました。
同じように驚いたり呆れた時に使う Πω πω (ポーポー) と言う表現がありますが、これまた調子が良い言葉なのでつい口から出てきます。
ギリシャに行って友人の近況を久々に聞くときには、極力、大げさに返事をしなくてはならないのでポーポポポポ、言いまくってます。こうやって書くと変ですね。
[PR]
by kranaA | 2006-12-03 21:57 | 読むもの | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/4293977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fracoco at 2006-12-04 01:23 x
英語でも、あれ、まあ!の意味合いで「ジーザス・クライスト!」というと聞きますが、キリスト教国はあんがい神様の名前を憚らずに口にするのですね。また、相槌としてポーポーというのがかわいらしいですね。ポーポーのギリシャ語の綴りを見ていると、メールやブログ特有の文字表現(org、とか)のようにも見えます。
Commented by kranaA at 2006-12-05 00:09
きっと日本語にも結構、宗教用語から派生した言葉があるんでしょうね。それを意識せずに使っているんだから、外国語でも成句の一つとして使ってしまえばいいのかな、とも思います。
fracocoさんの感想を聞いて、ギリシャ文字と意識しないで見たら、結構、メールなどに使えるかも、と思いました。Σ、Θ、Φ、などなど、何かに使えそうですね。
Commented by marri at 2006-12-06 08:19 x
昨日映画「武士の一分」を見て来ました。日本人は、男性は余り喋らない方がいいらしい?主人公は特に寡黙な盲人(木村拓哉)だったけど!「ポーポポポ」なんて・・・日本語だと」フム・ムムム」かな^^
どっちにしろゼスチャーたっぷりに喋るようになった日本人たちですね。私は特に、音がやかましい職場で一日中ガンガン遣っているので・・・・気がつけばオーバーアクションでお話しているような毎日です。貴女はきっと「ポーポポポ」って大仰にお相手してくれるかもネ!うふふ^^
Commented by kranaA at 2006-12-06 21:59
「武士の一分」いかがでしたか?私は自分がしゃべらない方(本当か?)なので男性がしゃべってくれると楽でいいです。寡黙な方がかっこいいとは思いますが。
marriさんのお仕事はにぎやかな環境なんですね。では私もギリシャに行った気分でオーバーアクションでいきましょう!!楽しそうです~!!