クリスマスカード 聖母 その2

聖母子をモチーフにしたカードをもう一度紹介させてください。
d0042214_23561226.jpgd0042214_23563122.jpg


















右側のものはホログラム&影絵っぽい画、左側は油絵をもとにプリントしたようですね。
いずれも東方の三賢人も描かれています。

聖母子を前に顰蹙な話ですが、ギリシャの母と子、特に息子の結びつきはかなりのものです。
昔、ギリシャ語を習いに行った学校の先生は結婚して1年目の新婚さんでしたが、旦那さんが毎日、お母さんのところに寄ってから帰宅すると言って別居中でした。
お料理上手なお姑さんを持つ我が友、そのことを言われると「あの人は外で働いてないから、いくらでも時間がかけられるものね」と切り替えしていました。
ギリシャ語にはしゅうと、しゅうとめに当たる言葉が一語であるんです。「πεθερος πεθερα (ペセロス ペセラ)」 クレタ島のお嫁さんが何度か使ってたと思います。
他の国の言葉ではどうなのか調べてみたら面白いかもしれませんね。
[PR]
by kranaA | 2006-12-07 00:31 | 読むもの | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/4319291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marri at 2006-12-07 11:49 x
私が34歳のとき、38歳で夫は亡くなりました。当時8歳の息子と母子家庭になりました。母一人子一人という形は結婚のとききっと障害になると思っていました。「お母さんんの老後は?」という障害を持つ長男の結婚の、邪魔にならない様にと親子で自立を・・・頭にねじ込んで育てました。
幸いな事に一度もそういった悲哀を感じることなく、就職・結婚・新築と順調な生き方をしてくれてます。これからだってひとりで・・・と強気な生き方をして居る可愛げのない私なのよ!うふふ^^;;
Commented by kranaA at 2006-12-07 13:56
marriさんて、素敵なお母さんですね。明るくて、好奇心いっぱいで魅力的です。
いざと言う時に自立できるように心を鬼にして、見ない振りをすることが必要だと痛感している昨今です。
ギリシャでは精神的な結びつきは強いですが、ある年齢からは子供が自分で努力してやること、と親が割り切っていると思います。
日本の方が依存し合ってるし、子供をいつまでも子供にしておきたがりますよね。
Commented by lemonodasos at 2006-12-08 06:06
いつか、3人で、いっぱいやりましょう!
♪生きていくのが、つらいと~~~き~~、お前と酒が~~~あればよい~~♪
こんな演歌があって、別の演歌が好きではありませんが、なんとなくワインを飲むとき歌ってしまいます。別に意味はないのですが、、、。
クレタの赤ワインを飲んで、最近ブルガリアの赤ワインも飲みました。
ギリシャでは酔っ払うと笑われますが、酔っ払うのも楽しいと私は思います。


Commented by chiota at 2006-12-08 08:41 x
私の Suegra お姑さんもお料理がとっても上手です。
午前中お仕事をしてて帰ってくるのがお昼の直前なんですが
それでも前日から準備してあった材料をパッパと手際よく料理して、
食卓に何種類かのお皿が並ぶところを見ると、さすがだなぁと思います^^

ギリシャもスペインと同じで、ちょっとマザコンちっくな部分があるんでしょうか。
私はこれから共働きで行きたいと思ってるので、家事も今から分担制・・・
私は日本料理、彼にはママのスペイン料理を覚えてもらって
2人で美味しいものいっぱい作れるようになりたいね、と話しています。

ところで、ギリシャでも1月6日に三賢人がやってきたりしますか?
Commented by kranaA at 2006-12-08 22:26
lemonodasosさん、ぜひ飲みたいですね。演歌は歌えないですが、演歌っぽいギリシャの歌でも練習しておきましょう。marriさん誘ってアテネで一杯と言わず何杯もいきたいなぁ。
酔いかけの浮遊感が好きなので、外より家で飲むのが好きです。
Commented by kranaA at 2006-12-08 22:59
chiotaさん、「suegra」と言うのは「おしゅうとめさん」のスペイン語なんですね?スペイン語にもあるんだ。

お料理してくれる男性はいいですね。特に気負いなく普段ご飯を作ってくれると嬉しいだろうなぁ。レパートリーも2倍で色々な味が楽しめるんですね。スペイン料理は何がお好きですか?

ギリシャでも1月6日は主顕現祭という祝日で、この日までクリスマスだそうです。
三賢人は贈り物を持ってくるんですよね?ギリシャのサンタクロースの聖ヴァシリスのネームデーが1月1日なのでプレゼントはその日に開けることになってるようですが…。
Commented by marri at 2006-12-08 23:43 x
さ・さんにんって・・・ワタクスも入れて下さるんダスか? ウレヒー^^♪
おまえと~さけが~ な・なんでも歌います。です。 ホント!!! そういう日が来ると良いですね。うふふ^^(どうでも良いけど・・・川中美幸の30年前の曲・ふたり酒です↑)今夜は嬉しい日^^♪♪
Commented by lemonodasos at 2006-12-09 10:08
3人で2人酒の大合唱!楽しい!おつまみはギリシャの乾パンに缶詰のキャビアとツナ、フェタチーズ、新鮮野菜、そしてパストゥルマ、赤ワインですね。場所が私んち!

ギリシャではサンタクロースはアイオス・ヴァシリスと言いますね。アイオス・ニコラウスとは別人ですが、、、。昔ギリシャで寄付だか?税金を取りすぎて返すのに困ったそうです。それでヴァシリスはケーキの中に指輪だの、金貨を入れて戻したようです。たぶんそんな話を聞きました。
ちなみにサンタクロースのセント・ニコラオスも、ギリシャでいうセント・ヴァシリスも、元をただせばギリシャ人という話です。ああ楽しい!
でもトナカイとソリはフンランドの発明ですね。

Commented by kranaA at 2006-12-10 23:19
lemonodasosさん、marriさん、何とも楽しそうな計画、ぜひ実現したいものです!!今日はおでんをつまみながら飲んでます。

なるほど、ヴァシロピタにお金が入っているのはその辺りから来たのかもしれませんね?
Commented by marri at 2006-12-11 00:08 x
おでんをつまみに・・・ウンウン・いいなぁ~~^^
ホント^^ 三人で飲もうね。楽しみがひとつ増えました!!!
Commented by kranaA at 2006-12-11 22:39
marriさん、楽しみにしてます!!実現させたいですね!!