珈琲

アテネ、コロナキ広場のケーキ屋さんの前でギリシャ人女性と待ち合わせをしました。
10分ほど遅れてきた彼女と入ったケーキ屋さんは満席。仕方なく隣の2階にある喫茶店に入ることにしました。
初めて入るギリシャの喫茶店、何かが変だ、と思いつつ、4人掛けのテーブルに着きました。
彼女が窓側に座ったので、向かい側に席をとっておしゃべり開始。
と、彼女が言いました。「これじゃ、遠いからそっちに行くわ」
d0042214_23595749.jpg

そうなんです。何かが変だと思ったのは、4人掛けのテーブルに座る二人組みがどれも隣同士に座っていたからなんです。
いくら同性とはいえ、肩がくっつく距離で目を合わせて話すのは、シャイな日本人にはきつかった…。

今では、タクシーの助手席に乗るのも慣れました。一人の時は助手席に乗るのが一般的みたいなんです。
郷に入っては郷に従え、とは申しますが、この人と人との距離感、かなり日本とは感覚が違います。単に習慣の違いに起因しているのでしょうか?
ギリシャ以外の国のことは知らないのですが、他の国でも隣同士に座るのでしょうか?

ギリシャに行って帰ってくる度に、この距離感のギャップに悩まされるんです。
日本の有名な満員電車も考えて見れば、精神的距離はものすごくあるのに、身体的には接近と言う不思議な空間ですね。
良くお邪魔しているmurimuriさんのブログでパーソナルスペースという言葉を知ってなるほど、と思いました。
次回のギリシャ行きの際にはもっとじっくり観察して今後の研究テーマにしてみようかと思ってます。



文章のどこにも珈琲が出てこなかったです…。
かつては、ギリシャでドリップコーヒーを飲むことが難しかったので、喫茶店では必ず頼んでました。今は、どこでも飲めるようになってドリップバッグを持っていかなくても良くなったので嬉しいです!!

写真はクレタ島のホテルのカフェコーナーの珈琲。ハート型のクッキー付でした♪
[PR]
by kranaA | 2006-12-12 00:01 | 番外編 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/4357532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marri at 2006-12-12 22:59 x
それは習慣だと思います。私よく友人を車に乗せること有ります。殆どの人は黙っては隣に座ろうとはしません。むしろ・・・敢えて後ろに遠慮がちに掛けます。「前へおいで」と言われて初めて隣に来ます。例外の人も居ますが大抵は黙っていたら後ろに座ります。
タクシーの助手席なんて満席(満員)の時以外は座りません。習慣なんじゃないかなぁ?  クレタ島へ行って見たいです。ギリシャは憬れの国です^^
Commented by muriuri at 2006-12-12 23:56
以前ラテンアメリカ人のボーイフレンドがいた友人が「レストランでは絶対に向かい合わせになんか座らない。隣に座るのよ」と言っていたのを聞いて、そうかそうかラテン系はさすがにホットなんだな、と妙に納得したものですが、ギリシャでもそうだとは意外な気がしました。それはさておき、いわゆる「パーソナルスペース」という概念が適応されるのは「見ず知らずの他人同士」の間のみで、親しい友人の間には「パーソナルスペース」は存在しないのではないか、と思い当たりました。一般的に西洋人の方が他人との間の物理的な距離感には神経質なような気がするのですが、どうでしょう(あくまで『他人』間の場合)? でも、こうやって考えてみるといろいろな側面が見えてきて面白いですよねー。
Commented by kranaA at 2006-12-13 00:00
習慣だと思うのですが、ギリシャの人は一人でいることは良くないことだと思っている人が多いみたいなんです。一人で考え事をしてると心配されるんですよ。
友達は日本の路線バスで最後の一人になったら、運転手さんに前に来てよ、と言われたことがあるそうです。こんな寂しん坊がギリシャにはたくさんいるって感じかも。 クレタ島いいですよぉ~^^v
Commented by kranaA at 2006-12-13 00:07
murimuriさん、わざわざありがとうございます。
ボーイフレンドならいいんですが(?)、同性だとかえって照れたりしますね。
なるほど、「見ず知らずの他人同士」の間と考えれば、アジア人の方が狭い距離感だと言うのは納得です。渋谷を歩いてると力いっぱい激突されることが良くありますが、ヨーロッパでこういうことはまずあり得ませんからね。
ギリシャで友達と熱ーい距離にいて日本に帰ってくるとスキンシップ飢餓状態になるんです。ちょっと危険ですね。
韓国の方達も熱い感じがするので、murimuriさんも今はちょっと寂しいのでは?
Commented by chiota at 2006-12-13 05:55 x
KranaA さん、こんばんは。

スペインでもタクシーは助手席に必ず座りますよ~
複数で乗るとき、2人だったら2人とも後ろに座ることが多いですが
1人、もしくは3人の場合、必ず助手席が埋まる形になります。
あとタクシーのドアが自動ではなく手動だというのも、最初驚きでした。
乗るときはドアを開けてもらったので (気付かず) 問題なかったんですが
降りるときになって、開かない扉をずーっと待っていてツッコまれましたよ~。笑

ところで、ギリシャには隣同士座る習慣があるんですね!
「遠いからそっちに行くわ」 っていうコメントも、面白かったです^^
オーヒ!の口に続いて、次回ギリシャで注目する点が増えましたっ♪
Commented by lemonodasos at 2006-12-13 21:27
クレタ島が好きな人は、食べ物がおいしいこと、お酒もうまいこと、ですよ。
私、クレタ島なら、羊肉のパイダキ(骨付き肉)!が好きです。
ワインは赤ですね。
クレタ島のレストランはサービスにラキを出してくれます。
美味しいですがとても強いです。
クレタ島ではあれを飲んで車を運転する人が結構います。
Commented by kranaA at 2006-12-13 22:56
chiotaさん、スペインでは隣同士に座らないんですか?
イタリア、スペイン辺りは絶対に同じだと勝手に思い込んでましたが…。
最近はギリシャも喫茶店と言うよりカフェやファーストフードが増えているので、若者たちの感覚も変わってるかもしれませんね。
テーブルも小さめのところが増えてるので、もう二人の距離も遠くないかも^^

タクシーの乗り方は同じなんですね。
一人の時、運転手さんの隣に座るのはちょっと緊張しますよね。夜に乗るときは、一人でも後ろに座ってしまいます。
Commented by kranaA at 2006-12-13 23:00
lemonodasosさん、羊肉美味しい!!私はヤギ乳のヨーグルトもマイルドで好きです。
バスの車掌さんがバスターミナルでラキをおごってくれました。塩を振ったトマトが肴でした。これまた美味しかった。
さすがに運転手さんは飲んでなかったので、安心しました。