Ticket その5

今回、観光しなかったのは時間がなかったからではなく、靴のせい!!
履きなれない靴で行ったわけじゃないんですよ。足にはフィットした靴が、アテネの道路にはフィットしなかったんです。
ギリシャの道路は石で出来てます。滑るし、石畳も隙間を埋めてあるコンクリートがところどころえぐれています。エルムー通りでヒールがその隙間に埋まって、30秒ぐらい道と格闘していた日本人をみかけませんでしたか?それは私です。
上り坂の多い遺跡、滑りやすい床の博物館は、あきらめました。
ちなみに車道もアスファルトより硬質な素材で出来ているらしく、光沢があり、タイヤの音が激しくうるさいのが、アテネの特徴の一つだと思います。

教訓:アテネの道は、歩く人に優しくないので、靴選びには注意しましょう。
いきなり穴が開いてたり、乗り越えなくてはいけない段差があったり、駐車車両に塞がれていたり…。
d0042214_024710.jpg
駐禁取締り中。でも実効性はないようです。

そんな訳で考えたのが、メトロに乗って街ウォッチング。メトロと言っても、地上を走る部分も多いので車窓が楽しめます。
d0042214_0183257.jpgこのΕΝΙΑΙΟ(エニエーオ)というのは、1時間半有効の切符です。
これでオモニア駅から、1号線の終点、キフィシア駅まで行きちょっとだけ歩いて、復路へ。
アクロポリスに近いシシオ駅まで戻ったら1時間25分でした。結構、時間がかかったので終点ピレウスまで行かず、ここで下車。
2号線は前々回たくさん乗ったので今回はパス。
空港から直結の3号線で、最近、良く聞くアンベロキピ駅下車。何か新しいスポットがあるかも…。
降りても何だか良く分からなくて、またまたスリップしながら、人の出入りが多いぞ、と入った道の先は病院でした。
路線図
アンベロキピ周辺をさまようこと1時間。ほとんどが3、4車線ある車道を渡るのに費やした時間でした。

やれやれ、遺跡や博物館に行ったほうがよほど楽だったかも…。
[PR]
by kranaA | 2007-01-26 00:41