ショップカード その4

トータルで15時間ものフライトに耐えて、アテネくんだりまで散歩をしに行ったわけではありません。
友人に会うのが今回の目的。ただ、もう仕事が始っていた時期だったので、ほとんどが夜の約束でした。
d0042214_0243468.jpg

今回は友人Fが連れて行ってくれたイカリア島の料理を出すレストランのご紹介です。
ZEYKINと言うこのレストラン、音楽とお酒と肴を出すタベルナだそうです。
肴といってもちゃんとしたお料理です。
d0042214_0245924.jpg写真は手前が胡椒のきいたチーズ。奥が水に浸したパンと野菜を酸味の効いたドレッシングで和えたサラダです。写真がボケているので分かりにくいですが、ご飯とから揚げじゃありませんよ。
こうした前菜をメゼと言います。6種類もメゼを取ってくれて、それにメインディッシュ。
餃子の皮のようなもので、野菜(カボチャだったと思うけど、自信がありません)を包んで揚げたものもあって、天ぷらじゃん!!とつけたソースが不思議な味でした。いつものクレタ料理とは違う素材が使われていて、島ごとの文化の違いを垣間見ました。
イカリア島には温泉もあるそうです。これは行ってみなくちゃ!!

ところで以前、ギリシャ人はカフェなどに2人で入った時に4人掛けの席でも向かい合って座らず、隣に座りたがると書きましたよね
今回もその裏を取るべく、昼間、観察してたんですが、なかなか、これという現場に出会いませんでした。
が、このレストランで見てしまいました。
この日は土曜日とフォティスさんとかのネームデーが重なって、予約でいっぱいでした。
私達も予約して行ったのですが、真ん中のよくない席。
私の前方には、入り口があってその横に無理やり作ったような席が一つありました。
気がつくとそこに2人の男性が座っていました。それも四角いテーブルの長い辺に二人並んで…。。d0042214_0252759.jpg
30才ぐらいかな、と思われる、なかなか見た目の良い二人でした。料理が来ると黙々と食して、時折、何かを話している程度で特に仲良しそうでもありません。
音楽が始ると一人は酔いしれていましたが、もう一人は冷めている感じ。
そんなに会話もないなら何も並ばなくても、などと、真正面なのでついつい突っ込みたくなります。
同じ頃に店を出たのですが、最後まで静かに一人はたくさん飲み、一人は時折携帯をチェックしながら、無表情にしておりました。
女性二人でも男女ペアでも不思議だった隣同士、男性二人は更に私の理解の外側でした。
次回、またじっくり観察しなくちゃ。
[PR]
by kranaA | 2007-01-30 00:42 | 食べるもの | Comments(9)
Commented by fracoco at 2007-01-31 20:15 x
まさにごはんとから揚げかと思いました(笑)。
イカリア島、って初めて聞く名前です。クレタ島の傍にあるのでしょうか。
仕事場に、古代建築の本があるのですが、ふと見たら、エジプト、メソポタミア、クレタ、ギリシャと分類がわかれています。ギリシャとクレタは建築的にも別扱いなのですね、はじめて気がつきました。

ところで、男性同士の隣席って不思議ですね。しかもそんなに仲良さそうに見えないとなると、ますます不思議!
Commented by lemonodasos at 2007-01-31 20:37
この頃は、タベルナにも、喫茶店にも、行っていません。
ギリシャ人は夜遅いというか、朝1時2時には強いですよね。
私は寝ます!
Commented by kranaA at 2007-01-31 20:58
fracocoさん、今晩は!!水に浸したパンがから揚げ状に見えるみたいです。とにかく酸っぱいサラダでした。
イカリア島は東エーゲ海諸島に分類されていて、トルコ沿岸のサモス島の隣でした。私も今回初めて知りました…!トルコに近いとまた微妙な文化の違いがありそうですね。
クレタはギリシャ本土より早い時期に、文明が発祥したので時代的な分類なのではないかと思います。クノッソス宮殿などが取り扱われているのかしら?
「エーゲ海 キクラデスの光と影」という本もミコノス、サントリーニの住居のパースなどが紹介されていて面白いですよ。ご存知ですか?

この男性同士、いつか違う展開が見られるのでは…、と期待もあったのですが、最後まで何も起きませんでした。ご飯を食べにふらっと寄る感じの店でもなかったのですが。
Commented by kranaA at 2007-01-31 21:06
lemonodasosさん、本当に宵っ張りで付き合いきれませんね。
私は、短期間の滞在だったので時差ぼけ&昼寝で乗り切りましたが、生活されていると大変だと思います。
この日、連れてってくれた友人の旦那さんは翌日も仕事、しかもエレフシナから来てくれたので12時半に切り上げましたが、ほっといたらあと2時間はいたと思います。
Commented at 2007-02-01 22:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chiota at 2007-02-02 04:11 x
イカリア島、私も初耳です。
kranaA さんのお話を伺っていて&お料理の写真を拝見してて
・・・ここはギリシャの日本?!なんて思っちゃいました。

そして、、、ギリシャの不思議な人たちの新たなエピソードが!
もし見知らぬ人同士で、隣り合って相席なんてしてたら面白いですね^^;

Commented by kranaA at 2007-02-02 23:36
chiotaさん、私の持っているガイドブックに「ギリシアには大小3000以上もの島があり」とあります。300の間違い?でも岩が突き出した程度のも含めたら3000かも知れません。
居住可能な島だけでも100ぐらいはあるようなので、聞いたことのない島も多いんでしょうね。
イカリア島の温泉も効能はあるのに有名じゃないそうです。さびれた温泉宿があったり…しないか^^

「見知らぬ同士が相席」の可能性には、思い至りませんでした。でもこうした場合、ギリシャ人は強迫観念にかられたように会話をしまくるはずです!!
Commented by fracoco at 2007-02-11 15:52 x
kranaAさん、「エーゲ海 キクラデスの光と影」、仕事場にありました!
ずっとミコノス、サントーリーニ各島の旅行記だと思っていました。
コメントを拝見して、ひもといてみたら、単に紀行文ではなくて、
フィールドワークの記録だということに気がつきました。
実測図も載っていたり。・・今度ゆっくり読みたいと思います。
Commented by kranaA at 2007-02-11 21:54
fracocoさん、ありましたか!?
私も最初は紀行だと思っていました。タイトルがそれっぽいですよね。
エーゲ海の島の建物を通して、歴史や生活も伺えて面白いと思います。専門的なことも多かったので、読みにくい部分もありましたが、fracocoさんなら大丈夫ですね。今度は、色々教えてください。