紙袋 その4

前回までのプレゼントはこんな袋に入っていました。
左下のものはショップオリジナルみたいでお店の名前が入っています。
バラ柄の二つには同柄のカードが持ち手の紐に通してあります。こういうのはどこに売ってるのかな、と思って歩いてたら見つけました。
d0042214_2355735.jpg
d0042214_2362334.jpgアテネの地図をご紹介した時のエリアを久々に歩いてみた時です。
ERMOU通りからモナスティラキ駅でATHINAS通りに曲がるとお店の雰囲気は一気に庶民的な感じになります。
その先には肉、魚、野菜の市場があって独特の雰囲気。
久しぶりにSOKRATUS通りまで出て、また、エルムーの方へ下ると、EVRIPIDOU通りにぶつかります。
その通りは、ひょっとして中華街?みたいに漢字の看板がいっぱい。
その一角に、ギフト用バッグを窓に貼り付けた文房具屋さんぽいお店がありました。
店内にはノート、筆記具、ラッピング用品が雑然と、大量に並んでいました。
何だか、うちの近くのラッピング材の一般売りもする問屋さんとそっくり!!
見ていると全部欲しくなって、どれか一つ二つを選ぶことが出来ず、30分以上いたのに何も買わずに出てきてしまいました。楽しかった!!
あまりにも普通の昔の駄菓子やさんぽい文房具屋さんだったので、写真はありませんが…。
d0042214_23115860.jpgその近くで、更にレトロなスパイス発見。と言ってもこちらは敢えて昔風にしつらえてありました。
店内の写真を撮りたかったのですが、お客さんが多くて、許可を取れなかったので外観のみです。
内装はギリシャ映画「ポリティキークジーナ」のおじいちゃんのスパイス屋みたいと言えば、わかっていただけると思います。(って、映画を知ってる人が少ないかな)きっと意識して作ったんですね。
壁一杯の棚にスパイス、ハーブ、お香。天井にはすだれが張ってあり、ドライのハーブたちが下がっています。一体、何種類あるのか、お客さんが次々に自分の求めているものを相談するので、店主は喋りっぱなしで、ここでも何も買えず…。
[PR]
by kranaA | 2007-02-21 23:14 | Comments(0)