ギリシャでご馳走になったもの その2

d0042214_2231355.jpg
今回は、お家ご飯ではないものです。
上はクレタ島イラクリオンの友人がやっているレストランで出しているもの。
基本のメニューの他に日替わりでお薦めがあります。テイクアウト可。
これは子羊のトマトソース煮ペンネ添えです。私に合わせて少なめにしてありますが、普通に注文すれば、もっと大量に、パンもたくさん出てきます。
d0042214_2233575.jpg
下は宅配ピザ。かなり大きいもので大人3人子供3人でも、余りました。
グラタン、オムレツ、サラダなどなども一緒に注文。
左側の緑の野菜サラダは自家製で、ホルタと言う青菜です。苦味があってしゃきしゃきしています。
ギリシャのメインのご飯は1日1回。主婦は働いていても、手のかかる料理をするので大変だなといつも思っていました。
圧力鍋があるから調理時間が短くて済むのよ、と言いますが、野菜も泥のついた状態から使うので下ごしらえが大変。肉も固まりでまとめ買いするので、解凍するのに時間がかかります。
オーブン料理はある程度作っておいて、焼くだけにしておくとか。
日本では1日3回ご飯を作るの!?と逆に驚かれますが…。
インスタントもの、冷凍ものに対しては抵抗があっても、こうした手間のかかったテイクアウトならどうにか許容範囲なのでしょう。
[PR]
by kranaA | 2007-03-18 22:37 | 番外編 | Comments(4)
Commented by chiota at 2007-03-20 22:25 x
kranaA さん、こんにちは。
泥の付いた野菜って、新鮮なのが目に見えて良いですね!
スペインは農業も盛んな方だと思っていたんですが、
最近スーパーで出回っている野菜の中には
大量生産のために品種改良したようなのも多いように思えます。
その辺がちょっと残念だなぁ、スペイン。

ところで、ギリシャでは1日1回のメインなんですね。
スペインは昼がメインで、夜も一応キッチンに立ってお料理します。
私も仕事を持つようになったら、彼としっかり分担していかなくっちゃ!
今は食器あらいだけ任せてるんですけど
これからは彼=スペイン料理、私=日本料理って
お互いの国の伝統料理も覚えていけたら良いなと思ってます♪

Commented by kranaA at 2007-03-20 23:45
chiotaさん、こんばんは!
スペインは国土が大きいので、流通や生産体系も異なるのかも知れませんね。
私の知っている範囲のギリシャの人たちは食に関しては保守的な気がします。

今回、ディナーに来て、と呼んで頂いたのが、午後2時。
晩御飯は家庭、家族構成によって異なるようですが、私の友人は火を使う料理はしません。せいぜい、トーストサンドぐらい。

スペイン料理と日本料理、バラエティーが広がっていいですねぇ。食器洗いしてくれる上にお料理までしてもらえるなんて!!ギリシャの男性はその辺も保守的かも(私の知る範囲では)。
私にも誰かギリシャのご飯をデリバリーしてくれないかなぁ。
Commented by marri at 2007-03-21 10:40 x
ホルタって歯ごたえの有る野菜かな?ほうれん草のように柔らかい葉かな?
先日取れとれの「わけぎ」を頂きました。土がついて枯れた葉もあり・・・切って洗って茹でて。久しぶりにぬたにして頂きました。美味しかった!
お店で買ったわけぎは料理が簡単で・・・土のついた野菜のなんてメンドーな事か?でも美味しいと感じるのはヤッパ愛情かなぁ~♪
Commented by kranaA at 2007-03-21 17:13
辞書でホルタをひいてみたら、菜っ葉と言う意味でした。青菜の総称なのかもしれません。ほうれん草はσπανακιスパナキと言うので区別されてるみたいだけど…??
私の食べたホルタは歯ごたえがありましたよ。村ではその辺に生えていて、勝手に摘んで来て洗ってそのまま食べるのでかなりたくましい歯ごたえです。
わけぎのぬた和え、最近、我が家でも大量にわけぎを頂いて作りましたよ!!とれとれの野菜はやっぱり美味しいですね。