魔よけの目のブレスレット

久しぶりに身につけるもの、ギリシャっぽいお土産物です。
最近はギリシャでも洗練されたデザインのものが多く、ματι(マーティ 目)のモチーフでもおしゃれなものがあるようですが…こんなにベタなματακια(マターキャ お眼々たち)もお土産物屋さんには健在。一応、断っておきますが、これは私が購入したものではありません。
d0042214_22442345.jpg

インパクトありますね。ギリシャ人のアイコンタクトもインパクトあるけど…。
日本では、相手の目を見て話してない、どころか、顔を見て話してないこともしばしば。
意識して相手の目を見て話そうとしても、たいてい視線をそらされてしまいます。ひょっとして私の顔のせい!!??
街中で目が合うと、軽く微笑んでくれる人が増えた気がするんですが、これは実は目が合ってしまった気まずさを誤魔化すため?礼儀として?自然に出てきたもの?
状況によるでしょうが、それでも笑顔を見せてもらう方が、心地よく過ごせますよね。
私も心がけていれば、自然に出るようになるかな。

4月23日追記
今日、トルコのお土産が届きました。これまた笑っちゃうぐらいのお眼々たちです!!!
d0042214_21512362.jpg

[PR]
by kranaA | 2007-04-19 23:02 | 身につけるもの | Comments(8)
Commented by chiota at 2007-04-20 08:00 x
kranaA さん、こんにちは。
しばらくご無沙汰してしまいました!

うんうん、目が合って笑顔って、良いですよね!
私はスペインに来て、人とよく目が合うようになりました。
知らない人でも軽く挨拶してくれたり、そういうのステキだなと思います。
1日気持ちが良いですもんね♪

私も今度ギリシャに行ったら、面白い装飾品チェックしてみます。

Commented by fracoco at 2007-04-20 19:27 x
わぁ、インパクトありますね。私は咄嗟に田んぼによくある
すずめよけの目玉の風船を連想してしまいました(^^)。

おっしゃるとおり、日本ではまだまだ相手の目をみて話す、という習慣に
乏しい気がしますね。
アイコンタクトではありませんが、
私は、ロンドンの地下鉄の改札で見知らぬ人から「お先へ」と
自然な感じで先を譲られて、すてき、と思いました。
Commented by kranaA at 2007-04-20 22:46
chiotaさん、ドイツとスペインでは街を行く人たちの雰囲気もずい分違いそうな気がしますが、いかがですか?
ギリシャでは私が外国人のせいか、目を合わせないようにする人が多い気がしました。と、思えば好奇心丸出しで見つめてくる人もいるし…。

スペインのお土産の象嵌細工を見せていただいたことがありますが、とてもシックで素敵でした。
でも強烈な個性の画家達の生れたお国柄、奇抜なものも見つかりそうですね。
Commented by kranaA at 2007-04-20 22:54
fracocoさん、さりげないことですが、嬉しいエピソードですね。
昔、ギリシャから北上して、オランダまで行ったことがあります。
南の人の方が陽気だと思っていたら、北の人たちの方が街では優しくてイメージが覆されました。
オランダの人は目が合うと必ず軽く笑顔で挨拶してくれました。
イギリスにもそんなゆとりを感じます。
Commented by marri at 2007-04-22 21:16 x
「目」といえばトルコですね。お土産はどこまで言っても目の氾濫だったように思います。友達のお土産もこのような「目」でした。
トルコとギリシャの国はお互いに快く思ってないと聞きましたがホントですか?トルコの人は親日的で優しかったです。ひとつ、良い思い出が有ります。でも子供さんは観光客を騙すようなところ有りました。実は騙されかかったのですが。(目の話じゃなくってごめんなさい)
Commented by kranaA at 2007-04-22 21:56
marriさんはトルコに行かれたことがあったんでしたね。私も一度は行ってみたいと思っていますが…。
ギリシャは大雑把に言うと400年間オスマントルコの支配下にあったので、その関係でトルコとの関係には色々あるようです。個人レベルでは(私の知り合いに訊いたところ)過去の歴史問題があるから嫌いと言う人と過去は過去、今はどうってことないと言う無関心派が大勢でした。今でもイスタンブールのことをコンスタンティノープルって言います。
現在の政府は融和政策をとっているようです。
オスマントルコの支配は文化的(宗教的)に緩やかな面があったので、ギリシャはその独自性を保持できたと言われています。言葉や食べ物、習慣には共通するものがたくさんあるようです。

騙されかかるのはどこの国でもあることかも…。
イスラム教の国ですから、発想が違うところもあるのかもしれませんね。
でも良い思い出がひとつでも残れば、帳消しになりますよね!!
Commented by valvane at 2007-04-27 02:12 x
こんにちわ。ギリシャにも目玉のお守りがあるんですね。
目玉の…と言うと、私もとっさにトルコのナザールボンジュウを思い出しました。この2つ、よく似ていますが、よ~く見ると、、
トルコのは白目が空色で、ギリシャのは白目は本当に白色なんですね。たまたまかもしれませんが。。
他にも、何か違うポイントってあるんでしょうか?
Commented by kranaA at 2007-04-27 07:42
こんにちは、valvaneさん。
トルコのナザールボンジュウの方が世界的に(?)有名ですね。
白目の違いまで見ていただいたんですね。私は鈴なりの目に圧倒されて気が付きませんでした。
残念ながら、トルコのものはお土産で頂いたもの数点しかないので、ギリシャのものだけでも並べて見ようかと思います。コレクターへの第1歩?