チョコレート

唐突ですが、チョコレート一粒。
d0042214_21373963.jpg
本当はサイコロぐらいの大きさ。
チョコレート一粒というと「王さま」を思い出します。(分かっていただけるかしら?)
「王さま」というとギリシャ語でβασιλιας(ヴァシリアス)。
ギリシャの友人にお雛様の説明をしたとき、何気なくプリンスとプリンセス、と言ったら、「βασιλιαςとβασιλισσα(王様と王妃)なのか、πριγκιπαςとπριγκιπισσα(皇太子と皇太子妃)なのか、どっちなんだ?」と訊かれました。
なんでそんなとこだけこだわるの…?

どうでもいい話でした。このチョコはヘーゼルナッツいりのnoisetta
アテネの空港でも売ってます。
箱入りのちょっと偉そうなものも、袋入りのお得なものも中身は一緒。
何だか疲れてて甘いものが欲しい気分でした…。とりとめなくてごめんなさい。
[PR]
by kranaA | 2007-04-26 21:47 | 食べるもの | Comments(10)
Commented by marri at 2007-04-26 22:20 x
チョコレート一粒って言うと何故「王さま」を思い出すのですか?解かりません?
「我が家」には家族だけにしか通じないいみ言葉が有りました。当店には当店だけの言葉が出来上がっていたりします。だからその地方だけ、その国だけといった言葉が出来上がってきたのじゃないでしょうか?ギリシャの国は生まれ育った時から王様と皇太子様はいつも、はっきりと区別して表現するようにして育ったんかなぁ~?それともその人だけのこだわりかな?今日は質問攻めになっちゃった^^
Commented by kranaA at 2007-04-26 23:11
marriさん、早速のお越しありがとうございます^^!!
「ぼくは王さま」と言う童話シリーズの中に「ひとつぶころりんチョコレート」と言う話があってそれがやたらと美味しそうなのでした。
うーん、人それぞれのこだわりってありますね。相手が違う文化で育っている人だと、その人独自のこだわりなのか、文化的な違いによるのか判別が難しいですね。
私の知ってるギリシャ人たちは現実のことには大雑把なのに、言葉にはこだわってくるので困ります。だって私にとっては外国語なんだから、って思っちゃいますよ。
Commented by chiota at 2007-04-27 04:23 x
kranaA さん、こんにちは。
私も「なんでチョコレートなんだろう」と思い、コメント欄を開いてみたら・・・
そういうお話があったんですね!いや~、勉強になりました。
チョコレート大好きなんです、って食い意地はった話をしてしまう私^^;

それにしても、王様・王妃か皇太子・皇太子妃なのかって
こだわるところ不思議ですね。
皇太子もいずれは王様じゃないって話ですしねー。
難しいと同時に面白いです。

Commented by kranaA at 2007-04-27 07:32
chiotaさん、おはようございます!!そちらはお休みなさい、ですね。
私がひとつぶと言えば「王さま」と思うように、人それぞれにこだわるものがあって、そういう話を聞きながら、その人となりを知るのが楽しいですね。
でも外国語スピーカーが相手だと、苦労するので、あきらめの良い私はいつもコミュニケーション不足になってしまいます。
chiotaさんはすごい&努力されてるんだろうなっていつも思ってます。

「王さま」シリーズは子供の本ですが、他にも「目玉やき」などの美味しそうな話もありますよ。面白いだけの物語ではなくて、考えさせられます。
Commented by lemonodasos at 2007-04-27 20:12
チョコレートは最近食べていません。なんかもう、おいしいものは危険です。
このIONのチョコレート工場はアルタ県でみたような、、、。
それは、それは、小さな工場でした。
Commented by kranaA at 2007-04-27 23:39
lemonodasosさん、私は風邪をひく前に勝手に身体がカロリーの高いものを欲しがるみたいです。素直に従うと後で痛い目に遭います。
IONの工場、小さいんですか?色々な種類の製品を出してるのに。
家の近くのパン工場では、安く直売してくれます。ギリシャではそんなことしてないかしら?
Commented by lemonodasos at 2007-04-28 11:01
日本で言うと町工場のような感じでした。
ほかにも工場があるのかもしれませんが、アルタはギリシャで最も低い生産性なので、工場を作って、地元の人を雇うようなったのかもしれません。
Commented by fracoco at 2007-04-28 16:03 x
kuranaAさん、こんにちは。私も王様とひとつぶのチョコレートとはいかに?と思って、コメント欄を拝見して納得しました。
王様と目だま焼き、で、子供の頃に読んだ本を思い出したのですが、
(同じ本かどうかはわかりません)甘いものの大好きな王様の話で、
甘いものの食べすぎで歯がぜんぶなくなってしまい、
チョコレートで入れ歯を作らせる・・と言うくだりがありました。
私も日々チョコレートをつまみながら、過ごしています。
Commented by kranaA at 2007-04-28 22:53
lemonodasosさん、ION製品に確かピレウスと書いてあった気がして確かめて見たら、ピレウスとアルタの工場が写真入りで紹介されてました。写真で見ると立派な工場に見えますが、町工場程度の規模とは!?
アルタのことは知らなかったのでlemonodasosさんのブログを読ませていただきました。イオアンニナのある地方ですか?あの辺は緑の多いきれいな所と言うイメージがあるのですが、産業は少ないのですね。
Commented by kranaA at 2007-04-28 23:03
fracocoさん、私の読んだ「王さま」は寺村輝夫さんの作でした。わがままな王さまをシンプルにシニカルに書いていて、物語の内容よりも言葉のリズムが面白かった気がします。
チョコレートで歯を作った王さまと同じかどうか、未確認ですが、王さまともなると発想も大胆なんですね!!
fracocoさんは美味しいチョコレートをいろいろご存知ですが、食べすぎには気をつけてください^^