Ticket その6

11才になったアテネの友人の息子とお買い物に行ったときのこと、お店の入り口で彼は一歩下がって私を先に通してくれました。
1才の時から知っていて、彼の幼稚園時代は同レベルで遊んでいた男の子だったのですが、いきなり大人に見えた瞬間でした。
アテネの友人たちと出かけた時、男性がタバコに火を付けてくれたり、コートを着せ掛けてくれたり、日本でもクレタ島(!?)でも経験できなかった男性の振る舞いに戸惑いはしても、正直なところ悪い気はしませんでした。
それを11才の男の子がしてくれたことで、どうやってこういう振る舞いを学ぶのかなって、興味を持っていましたが…。
d0042214_152696.jpg

アテネ生れのアテネ育ちの30代の男性の友人(男性と言うには子供っぽい気がするけど)とお茶をした時のことです。
帰り際、彼は同じ椅子に掛けてあった私のコートを取ってくれることすらしなかったのでした。
一人っ子で甘やかされてきたんだろうな、と言うのがその時の印象。
そんな彼のお宅にお邪魔する機会がありました。
彼のお母さんは「あれを取ってあげなさい」「コートを着せてあげなさい」と私に対して気を使うように指示してくれたのですが…。
息子は「これはコートじゃない」だの「彼女は自分でできる」だの一々、言い訳をするのでした。
こうした振る舞いは家庭環境から学ぶだけではなく、性格によるものなのか…?
お気の毒ですが、お母さん、だから彼はもてないんです。手遅れです。
そんな友人ですが、支払いだけは必ずしてくれました。メトロの切符も買ってくれました。
[PR]