ガソリンスタンド in ギリシャ

d0042214_2338094.jpg
ガソリンスタンドとファーストフードはどこの国でも同じ顔をしているみたいですね。
最近、某ファーストフード店が日本でも地域によって価格の差をつけると発表しましたが、やはり、地域差があるのがガソリン。
うちの方は、現在の標準はレギュラーで136円。
昨年末、出かけた長野県、高速でガソリンを入れるのは高い、と言う固定観念から、高速を降りるまで頑張って走りました。
降りてすぐにGSに駆け込み、入れたら…うちの方より20円高(1ℓあたり)!!!
この地域では高速に乗ったらガソリンを忘れずに入れるんですって。
流通経路の端っこにあたるのが高値の原因だとか…。
d0042214_23462715.jpgこちらは2002年のギリシャのガソリンの値段。ユーロ直前のドラクマ表示。大体、3分の1すると日本円に相当します。この頃はガソリンも安かったなぁ。(ユーロも安かった…)
ガソリンの価格は世界的な石油取引の動向に左右されるので、ギリシャも現在ガソリンが高いようです。
インターネットで聴けるラジオの番組で、日本の某車メーカー提供のものがあります。そこで毎週、どこの地域が安いかを聴取者から情報を集めています。
最近、聴いてないけど、この前まで1ユーロをちょっと切る位で意外とアテネ中心からほんのちょっと外れたあたりが安かったみたいです。
今週末、アテネでは40度近くまで気温が上がる予報だそうです。
高いガソリンを買わされ、温暖化に一役買って、熱暑に悩まされる…悪循環。
[PR]
by kranaA | 2007-06-23 00:06 | 番外編