ギリシャでご馳走になったもの その5

最近「もの」ではないものが増えているような気がしますが、気のせいにしておいてください。
冬にばかり行っているので夏向きの画像やものが少なくて…。

いよいよ旅行シーズン。これからギリシャにいらっしゃる皆様、どうぞ、日焼け止めだけはお忘れなく。
湿気のないギリシャの空気は紫外線もダイレクトに届けてくれるし、道路からもガンガンに照り返しが攻めてきます。
私は日焼をしても赤くなってひいてしまう質でしたが、ギリシャの日差しで初めて皮がむける経験をしました。
港でうっかり日差しを浴びていたら、肩がちりちりと焼けてくるのを実感。
d0042214_0202225.jpg
初登場!!

ギリシャ人は子供の頃から焼けなれているのか、どこ出身?と聞きたくなるような肌の色になるまで焼けている人を見かけました。
海外の小説でオリーブ色の肌、という表現を読んだことがあります。
勝手にカーキっぽい肌色を想像して、ちょっと不気味…と思ってましたが、ギリシャ人の焼けた肌を見てこういう色ね、誉めているのね!!と納得でした。
d0042214_020537.jpg
写真は夏にさっぱり(?)、冷やした茹で羊、ビタミンCが豊富なジャガイモと羊肉をオリーブオイルで煮たもの、フェタチーズ入りサラダです。
左奥のきゅうりとブドウは私が畑からとってきました。
焼けたお肌にはビタミン補給もお忘れなく!!
[PR]