ギリシャのくだもの

いつもコメントを下さるmarriさんのブログにコメントしていて気づいたのですが、私はたいそう桃好きなのでした。
父の実家が果樹をやっていて桃食べ放題の夏を過ごしたせいかと思います。
で更に思い出したのですが、ギリシャでも桃を見つけて買ったことがあったのでした。
桃とブドウをミソキロずつ。(ミソは半分の意味です)
家に帰って友達に見せるとちょっと呆れた顔。
「好きにしたらいいわ」
ブドウはすっぱくて桃はガリガリでした。(最近、そういう種類の桃売ってますね)
色はローズ色に近いきれいな桃だったのに…勝手に騙されました。

季節は異なりますが、ギリシャで美味しい!!と開眼した果物は洋梨。
苦手だったんですが(あれ、これも父の実家でやってたな、そう言えば)、余所の家で出されるものは残さず頂かなくては、とギリシャで一生懸命食べました。
そしたらこれがまぁ、冷やしてもいないのにシャーベットのような喉越し。
あの洋梨独特のくせも香り&美味しさの一因なのだと理解。
感動ものでした。
日本に帰ってそれまで敬遠していた母お取り寄せのラ・フランスを試して見たら、確かに近い味!!しかもお値段は激安!!
母には迷惑な娘の味覚開眼でしかなかったでしょうが…。
d0042214_014680.jpg

と思いついて書いたのですが、桃もブドウも洋梨も写真がありません。う~ん、またまたmarriさんのブログを覗いたら、今度はイチジクの話題が!!  ありがとうございます。
イチジクもギリシャで美味しさを知った果物なのでした。

写真は村での軽いご飯。ピンクのペーストはかの有名なタラモサラタ。白はザジキ。
ちなみにギリシャ語で
   桃 ροδακινο ロダーキノ
   洋梨 αχλαδι アクラーディ
   イチジク συκο シーコ 

食べ物の名前はよく覚えています。
[PR]