クレタ島のトマト畑

中々、夏っぽいもの&写真がなくて更新をさぼってました。
アテネの友人は先週から実家のあるクレタ島に1ヵ月間の夏休みを過ごしに行ってます。
彼女はアテネに出てきて十数年になり、すっかりアテネの住人となっています。
この冬、彼女の家にいた時、ちょうど弟さんがクレタ島からお母さんを連れてきました。
3人で色々と家族内の問題を話し合っていたのですが…
いきなりクレタ方言丸出しでまくし立てる彼女!!
「クレタの言葉で話してたでしょ?」
「そうよ、家族で話すとそうなっちゃうわ」
d0042214_0495150.jpg

昨夏、lemonodasosさんがクレタ島遺跡巡り記で現地の人の言葉をなまって表現されていました。あー、何かわかる、と面白く読みました。
ギリシャ語はまだまだ入り口なので、詳しいことは言えないのですが、発音にも訛りがあり、単語自体も違うものがあります。
私が分かるのはΓ(ガンマ)とΚ(カッパ)の発音。
例えば、「NIKI ニキ」と言う女の子の名前を「ニチィ」とツとチの間の発音で呼びます。
単語で有名(?)なのはwhat にあたる τι (ティ)がクレタ語では ιντα(インダー)。
Τι κανεις; (ティ カーニス how are you?)はΙντα κανεις (インダー カーニス)になります。ぜひ、クレタ島に行かれた際には使ってみてください。
本屋さんでは分厚い「クレタ島の言葉」なる辞書を見かけました。
よし、次回行ったらもっと仕入れてくるぞ!!

写真は真夏のクレタ島のトマト畑の様子です。
[PR]