ギリシャの蝉

厳しい暑さが続いていますが、如何お過ごしですか?
子供の頃から慣れ親しんだ蝉時雨、今年は一段と勢いを増している気がします。
夏にギリシャのギリシャを訪ねた時、蝉の声を聞いたことがあったか、ふと考えてしまいました。
ギリシャの自然は過酷で、良い季節、カロケイリと夏が呼ばれるようになったのは、歴史の上では古代ギリシャ時代以降と学びました。
紀元前の南部ギリシャでは、北部から木材を輸入していた記録があるそうです。
今年も大規模な山火事が頻発して生態系を心配する声も聞きましたが、古代より気候的に宿命付けられている問題なのですね。
d0042214_0165138.jpg

「夏は緑がいっぱいになってそれはきれいなんだから、夏に来てごらん」初めてギリシャを訪ねた冬に何人かから聞かされた言葉。
写真は夏のクレタ島の山あいの村の夕暮れです。何とも寂しい緑に見えるのは私だけでしょうか…?
村で小さな友人が蝉を見せてくれたことがあります。ギリシャで蝉を間近に見たのはあの時だけかもしれません。

北フランスのご家庭を訪ねた時のこと、年配の女性が箪笥から大切そうに小さな箱を出してくれました。
「見てちょうだい」誇らしげに開けた箱の中には、蝉のミイラが…。
よくよく考えれば、彼女にとっては南仏で過ごした大切な思い出の品だったのでしょう。
蝉時雨が当たり前の国に生きている私はもしかしたらとても恵まれているのかも知れません。
[PR]
by kranaA | 2007-08-17 00:18 | 番外編