ギリシャの切手 その12

私の夏休みも終わり、仕事が始まりました。
ギリシャの人たちも、漸次、休暇から戻っているようで、音楽ばかり流していたラジオにもいつものDJやアナウンサーが戻ってきて嬉しいことです。
いつも聞いているアルファラジオのニュースのヴァシリキさんも帰ってきました。
彼女は、ものすごーく早口で抑揚を押さえていて機械みたいです。他のDJも面白がって、番組の途中で一気読みさせられたりして、でも普通にも喋れるみたい…。あ、これは蛇足でした。
d0042214_2343916.jpg
ギリシャ、今週から総選挙モードに突入してるようです。
ギリシャは一院制で任期が4年とのこと。前回はオリンピックの年の3月だったから、順当にいけば来年の3月の予定でした。
しばらく前から選挙を要求する大統領の声明らしきものが出たり、党首の地方遊説の様子などが出ていて、近いのかなとは思っていたのですが…
8月17日に発表で9月16日投票ってすごく急じゃないですか?

日本もそうでしたっけ?参院選は7月22日ごろって言ってたのに、国会延長で1週間延びたのが7月始めぐらい?そうですね、そんなに政治空白は作れないですよね。
それにしてもあの参院選からまだ1ヶ月経ってないんですよ!!!マスコミ、あれだけ騒いでたんだから、その後の当選者の様子をもっと追求したらどうなんでしょう!!??
あ、横道にそれちゃいました。

ギリシャは現時点では2大政党の争いで、現与党が優勢のようです。
事情が今ひとつ、分からないのですが、3月ぐらいから起きていた国債(?)に絡む問題が再燃しているようです。
重要な関係者の一人がゾルバ氏という名前なんですが、ラジオでは「その男ゾルバ」のテーマにゾルバ氏への呼びかけをかぶせてネタにしてます。

この切手は’94年発行のギリシャ国会が始まって150周年記念のものです。
上がマクリヤニス、中央がメタクサス、下がカレルギス、いずれもギリシャの歴史的な軍人で政治家です。今の政治家達は100年後ぐらいにどう評価されているのでしょうか。
[PR]