ギリシャの切手 その13

もはや切手しか残ってないのか!!!!????と思われるでしょうが、気にせずに使わせていただきます。
ちょうど明後日から「世界陸上大阪大会」が始まるので…。
そうです、10年前の「世界陸上アテネ大会」の切手です。
d0042214_010145.jpg
ご記憶ですか?あの時、女子マラソンで日本の代表が優勝しました。
さて誰だか分かりますか?
鈴木(当時)博美さんでした。

そしてアテネのスポーツの祭典と言えば、すっかり記憶の彼方に行ってしまいそうな「アテネオリンピック’04」も蘇ってきます。
ギリシャで陸上と言えば、あの人、どうしてるでしょうね?
シドニー五輪で200m走で金メダルを取ったあの人。
世界陸上では’01のエドモントン大会でやはり200mで優勝してたんですね。
思い出しました?
ほら、アテネオリンピック直前にドーピング疑惑で出場辞退した…。
聖火リレーの最終走者と言われてたのに…。
開会式が13日なのに前日深夜にバイク事故?
さて名前出てきました?
ギリシャ人の名前って覚えにくいですよね。

「世界陸上大阪大会」には何の関係もありませんでした。申し訳ありません。
ギリシャからは27人のアスリートが参加。400mハードルのペリクリス・イアコバニス、ファニ・ハルキア、3段跳びのピギ・デベジィが注目だそうです。



コンスタンティノス・ケンデリス またはコスタス・ケンデリス
今はどうしてるのかなって検索して見たら、昨年の12月に結婚したと言う記事が見つかりました。
「金メダリストスプリンターは新たな成功のためにトラックに戻る準備が出来ている。今回は既婚者として。」
[PR]
by kranaA | 2007-08-24 00:11 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/6021021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]