ギリシャの男の子

さて、K村まではあと一歩のところに来ましたが、その前にバスに乗り遅れた経緯を少々(長々になりそうですが…)。

いつもはイラクリオン市内のバスターミナルからバスに乗るので何も問題はありませんでした。
が、今回はイラクリオンから少し西に行った郊外の市の友人宅に滞在していたので、途中のバス停でバスをつかまえなくてはなりません。
何種類かのバスが相当のスピードで通り過ぎるので、これが中々大変な仕事。
友人は仕事だったので、同じ建物に住む兄嫁(1月にお世話になったK)に頼むはずが、彼女は旦那を病院に連れて行って留守。
そこで私をバスに乗せる役目を仰せつかったのが、友人の息子S、11才。友人はK村の出身で、村の「お母さん」は彼のおばあちゃんです。
「時間だよ」と私をバス停に案内し「バスの行き先読める?」と照りつける日差しの中、バスの来る方向を睨んでいました。d0042214_0131940.jpg
「僕、バスで行ったことがないんだ。降りるところ分かる?」ありゃりゃ。
「私は何度もバスで行ったことあるよ。大丈夫」
何台かの路線バスが通り過ぎ、長距離バスが見えました。
「何て書いてある?違う、これじゃない」
「あ、次に来るバスじゃない?」見覚えのあるバスの色に私が身を乗り出すと「そうかも。あれ?A村までしか行かない」
「え、でも…」
そのバスも見送り、予定の時間が過ぎ、彼がいらいらしてくるのが分かりました。
「何でKに行きたいの?」
「ずっと行ってないから」
「そうだよね…」
「帰っていいよ、私ひとりで待つよ」
「一人でバスの行き先見て止められるの?」
「…」
「じゃ、ダメだ」

私の携帯が何故かつながらず、会話もなくなりました。
「ねぇ、家に帰ってお母さんに電話してみて。私、一人で待つから」
「じゃ、そこの店で電話借りるよ。もし、バス来ちゃったらどうする?」
「頑張る!!」
「わかった」多分、バスはもう来ないと思ったらしく、今度は素直に私を置いて行きました。

「A(私のこと)、家に帰るよ!!今日はA村行きのバスしかないんだって。チクショウ」

家に帰ると従姉がいてその「A村」行きのバスがその先まで行くことを教えてくれました。
「そんなこと言ったって、分かるはずないだろう!!!」
彼は私には怒りをぶつけず、でもふてくされてソファに転がってしまいました。

1時間後、友人が帰って来ました。
「ごめんね、私が悪いの。表示が変わってるの知らなくて…」
「私はいいけど、Sに悪くて…」
彼は別に、と言う顔をして抱きついてきました。

その後、まだA村まで行く便があったので、前回書いたような成行きになったのでした。
再度、バス停まで私を送らされる羽目になったS。
「S、荷物を持ってあげなさい」と友人。
「重いからいいよ」
「いいのよ、彼は男なんだから」
「大丈夫だよ。ほら、行くよ」
階段を降りる途中で荷物を取り返そうとしても渡しませんでした。

d0042214_0134360.jpg母親とは彼が生れる前からの友人、彼が1才の時から会っているので、普段は身内のように甘えてきます。抱きついてくるは、あちこちキスしてくるは…。まだまだ子供だなって思っていたのですが、確実に男の子から次のステップに成長しているんだな。
一緒に買い物に行った時も、絶対に私にお金を払わせず、荷物も渡しませんでしたっけ。
家を少し離れたところで、もう一度「カバンちょうだい」と言うと黙って渡したのにはちょっと笑えましたが…。

バスに乗る前に「切符、持ってる?」と心配し、運転手さんに行き先を確認してから私を乗せてくれました。

そんな彼へのお土産はポケモンカード!!もう狂喜乱舞してました。「大きくなったら絶対日本に行ってポケモンセンターに行くんだ!!!」「大きくなってもポケモンが好きじゃ、変だよ」「そんなこと分かってるよ!!」
写真のタイのお土産は彼からのプレゼントです。
[PR]
by kranaA | 2007-09-25 00:18 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/6222492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marri at 2007-09-25 11:42 x
あはは^^ 目に見えてきそう。ふてくされて怒りたくも成るわネェ~~!
ウチの孫息子11歳(小5)です。背も小さいし性格も奥手で。何かと頼りない、丁度↑彼に似ていて、笑えないものが有りました。あんなもんデスよ^^
「ポケモンカード」そんなに人気の有るって事知ってたの?そうなんですか。狂喜乱舞されるくらい。
ワタクスは孫がいてもそういった知識ゼロです。ひとつ勉強になりました。
今友人が北欧を旅しています。昨日はフィンランド、今日はデンマークからメールが届きます。
最近の携帯はどうなってんのかしら!驚くことばっかりです。ギリシャも近いナァ~~^^?
Commented by kranaA at 2007-09-25 21:42
お孫さんも11才ですか?ギリシャの男の子は何か男気があって、11才でもちょっとドキッとする時がありましたよ^^;さすがクレタ男!!!
次に会うときは多分、私より背が高くなっていて、こんな風に甘えてこないんだろうな。
携帯、繋がったりダメだったり、番通が出来たり出来なかったりでした。日本にいる時と同じで一度持っちゃうと手放せませんね。日本からギリシャにも掛けられるし、距離を感じるのは料金を払う時だけ!?
Commented by lemonodasos at 2007-09-27 21:29
ギリシャは良い所ですが、バスとか乗り物がややこしいというか、分かりにくいですよね。私はいつも苦労しています。
観光で来る人たちは、ご苦労様と思ってしまいます。
レンタカーを借りて移動している人は勇気ある人だといつも思います。
クレタ人の運転はすさまじいものがあります。また道路も信じられないカーブがソフトクリームを上るように続きます。
クレタ男は黒いシャツを着るのが伝統のようでそういう人が結構いました。
イラクリオ県のマタラの近くのシヴァス村広場のタベルナはどこもおいしいです。
Commented by kranaA at 2007-09-27 23:33
lemonodasosさんとはクレタ島ですれ違いでした。残念!!
バスは始発から終点ならいいですが、途中の乗降は難しいですね。一応、バス停に名前があるみたいですが、前もって運転手に頼まないと降りるのは難しいです。
黒いシャツの男性は普通だと思ってましたが、他では違うのかな。年配の女性は、どこでも黒い服の人が多いですね。
Commented by yuu-kakei at 2007-09-28 10:30
初めまして!lemonodasosさんの所からやってきました。
この9月に初めてギリシャへ行き、とっても好きになりました!!!
またこちらのブログへ遊びに来たいと思います。
よろしくお願いします~☆
Commented by kranaA at 2007-09-28 21:34
yuu-kakeiさん、はじめまして!!yuuさんも9月にギリシャにいたんですね?どこかですれ違ってたかも!!!
yuuさんのブログにも遊びに行きますね。楽しみです。よろしく!!
Commented by unntama01 at 2007-10-03 00:51
へぇ~。長年付き合いのあるギリシャ人のお友達がいらっしゃるんですね。
自分も前回の旅で友達になった人は居たけど、こうやって繋がっていけるか不安です。まず、言葉が話せないからメールも殆ど出来ません。
でもギリシャの友達からメールを貰った時はとても嬉しかったです。
これからも長年付き合っていくんでしょうね。
羨ましいなぁ。
Commented by kranaA at 2007-10-03 01:10
繋がっているために、ものすごーく努力してるかもしれませんねぇ。手紙を書いてもまず返事は来ないし、メールしても3,4通に1通の返事が来ればまし。片思い状態!!でもそれは楽しい嬉しい努力なんだけど…。
そういう日常的な繋がりがなくても友達なんだってようやく実感できるようになりましたが…。
unntamaさんも折角の出会いを大切に!!keep in touch!!