海の世界

村からイラクリオンに戻ると亀が待っていて、私を海の底へと連れて行ってくれました。
d0042214_22571480.jpg
なんてはずはなく、友人がクレタアクアリウム(クレタ水族館)へ連れて行ってくれたのでした。
d0042214_22575032.jpg
2005年12月にイラクリオン空港より少し東のGournesと言う地域にオープンした水族館です。ギリシャ海洋研究所の事業の一環として、Thalassokosmos(サラソコズモス 海の世界)と名づけられたこの水族館の展示は主に東地中海の生態系を再現しています。
クレタ島は、南に行けばアフリカ大陸、東にはスエズ運河、北はエーゲ海と、地中海とエーゲ海の分水嶺なのです。
オーディオガイドを借りると各水槽で説明が聴けます。残念ながら日本語はありませんでした。
d0042214_22582380.jpg
10年ぶりぐらいに行った水族館は幻想的で一緒に行った子供たちよりも真剣に魚たちに見入ってしまいました。
実際には熾烈な生存競争があるのでしょうが、どの魚も全力投球して泳いでいるとか、真剣に食物を探しているとは思えず、漂う姿は優雅でさえあります。
同じ仲間で群れたり、同じように擬態したり、同じ柄を身につけていたり、自分が生れついた種にどこまでも忠実に生きていることも、不思議で自然のすごさを感じました。へそ曲がりな魚や偏屈なクラゲはいないのかしら?あ、へそはないから曲がりようがないんですね。
d0042214_2315149.jpg

この水槽には、自然に作られたとは思えないほどカラフルな熱帯魚がたくさんいたのですが、ちょっと良く見えませんね。
クレタアクアリウムのHPにバーチャルツアーとフォトがあるのでそちらで地中海の魚たちの表情を見てみてください。
[PR]
by kranaA | 2007-10-10 23:04