ギリシャのとあるオフィスで…

アテネに移動した日は投票日、選挙選挙で暮れました。

翌日、友人Mは仕事、私は鍵を預かってアテネの中心街に行くことにしました。
Mが出かけてからゆっくり朝ごはん、シャワーなど済ませ、家を出て駅へ。
と、前方よりMが歩いてくるではありませんか。
「そこのスーパーまで買い物に行くの。一緒に行く?」
スーパー&Mのオフィス訪問に急遽予定変更。
d0042214_2347248.jpg

Mはアテネ県の公務員。結構、悪名高いギリシャの公務員です。
彼女は建築に関する許認可をする課におり、駅前の建物がまるごとその部門に当てられています。(システムが良く分からないので、どの文章にも「多分」をつけて読んでください!)
彼女のオフィスは5階。
航空券のチェックインをしたかったので、彼女の上司のコンピューターを貸してもらうことにしました。これがダイアルアップで遅い!!
Mはコンピューター嫌いで彼女の机にだけは、PCがないんです。
下の階のヨルゴス君のPCはDSLだから、それを借りるようにと言われました。
ヨルゴス君は「調子が悪いけど…」と嫌そうにPCを明渡してくれました。
課長さん(多分はまだまだ必要)のPCとヨルゴス君のPCの接続が違うのは何故でしょう?
結局、航空会社側のシステムエラー(多分)でチェックインは出来ず…。

この日は月曜+選挙の翌日で、来訪者もまばら。
課長さんはND支持者で一人大喜びで、選挙結果をPCでずーっとチェックしていたのですが、急に挨拶をしていなくなってしまいました。
他の事務所にでも行ったのかと思いきや…。
ここで確認しておきますが、M(多分、他の人も)の勤務時間は8時から3時までの休憩なし。
この時、11時過ぎ。
一体、課長さんはどうしたのかと言うとd0042214_23475733.jpg
「今日、私は選挙の結果を見ていてほとんど寝ていない。
Mはいつも火曜日に市が立つからって早めに帰る。
だから今日は私が早く帰る番だ」
と断って帰ったのだそうです。

その前に、リボンをほどいて暇つぶしをしていたMの同僚も「子供が熱が下がらないの。医者に連れて行きたいから」と課長さんに言って帰途についていました。
その時は、融通が利いていいな、と思ったのですが…。

ゆるーい!!!私も中心街まで行く気が失せてしまいました。
ようやく仕事を始めたMの「認可」の判子をもらって家に帰ることにしました。
[PR]
by kranaA | 2007-10-22 23:51