ギリシャに電話

d0042214_23571889.jpg唐突ですが、私は電話が苦手です。
社会人になってから大分鍛えられましたが、未だに電話をかけるのは気力が要ります。
ギリシャに電話するのも大変。
ギリシャとは個人的な付き合いなので、気が向いたときだけ電話するのですが、相当に気合を入れるか、酔った勢いでないと掛けられません。
何ゆえ、こんなに気合がいるのかと言うと…
もちろん、言葉の問題が一番の理由。大体、話したいことを事前に頭の中で用意します。
2番目の問題が、友人達の応答。
今ほど携帯が普及していない頃、時折、職場に家人から電話が入ることがありました。
私の応答はまずはよそ行き。家人と分かった途端…1オクターブは私の声のトーンは下がります
回りにいる同僚には即座に「どこから掛かってきたか分かるよ~」と笑われるほど。
ギリシャの友人達は全く逆なのです。
彼らは-Ναι(ネー yes)とか-Οριστε(オリーステ どうぞ)と電話に出るのですが、その声が低い。
女性の友人に掛けたのに、何度も息子か旦那さんかと間違えたぐらい…!!
私だと分かると一気に「A~?元気ぃ~?」と2オクターブぐらい上がった声に変わります
でも最初の一声が恐くて、用意したギリシャ語が一気にどこかへ行ってしまうのです。

先日、男性の友人に携帯から掛けたのですが、私の電波状況が悪く
「聞こえない。誰?」と超バスで言われた時には、もうこのまま切っちゃおうかと思いました…。
ギリシャでは外面の方が悪いのか、私の友人達だけなのか…、それでも懲りずに掛けてる私は健気!!
写真は友人Mが私のプレゼントしたストラップを携帯につけて見せてるところです。
[PR]
by kranaA | 2007-12-05 00:00