クリスマスツリー その2

シンタグマ広場にもツリーが飾られました。(写真はギリシャのニュースサイトからお借りしました)今年のテーマは「クリスマスの魔法の灯」
d0042214_732711.jpg
ギリシャの家庭のクリスマスツリーは大きい!!
しかも空間恐怖症?って訊きたくなるぐらい、飾りがぎっしり。
他の国々もそうなんでしょうか?
d0042214_0352530.jpg出すのもしまうのも1日がかり。
ギリシャでは主顕現節の1月6日まで飾っておくのです。(前に書いた気がするけど、ま、いいや)
1月7日に友人の家に行った時、お母さんが言い出しました。
「ツリーももう片付けなきゃね」
「何も今日片付けなくたっていいじゃないか。忙しいんだから」
「こういうことはちゃんとしないとね」
「慌てて片付けなくたっていいだろう」
「でも今日は7日なのよ」
「1日2日置いといたってどうってことないだろう!!Aはどう思う?」
いきなり私に振る!?何故?私に片付けろってか?
「きちんとした方がいいと思うけど」12月25日にはきっちり正月モードに切り替わる国の人間なので言ってみました。
「きちんとするってどういうことだよ?今日片付けるってこと?他の日でもいいってこと?」何その言い方。
「私にはあなた達の習慣は分からないけど、今日が片付ける日ならそうした方がいいんじゃないの?大体、あなたが片付けるわけ?」ちょっと切れる。
「全然。いつも私が一人で出して一人で片付けてるのよ」とお母さん。
…ギリシャでは家族で真剣に討論してるように見えても内容はこの程度だったりします。
自分でやらないならいつだっていいじゃんね。

クリスマスツリーの写真、どれも人物付でした。この写真は以前書いたクレタ島の小学生S君。
上記の内容とは関係ありません。
[PR]
by kranaA | 2007-12-15 00:38