Ticket その9

そろそろ、夏休みの声が聞こえてきました。
ギリシャの子供たちは6月3週目からお休み。
大人たちも浮き足立っている頃でしょう。
最近、転職したギリシャのOL、「休みが10日しかない!!!」そうです。
ふーん、日本人、驚かない。
エーゲ海を行き来するフェリーの数も増えて、賑わっているだろうなぁ。
d0042214_2225543.jpg
というわけで、先日、利用した船のチケット。
左の列、上から船の名前(今回はミノアンラインのフェストスパレス号)、日付、時間。
人数と料金、車種、乗客名。
真ん中がトータル料金。
右はキャビンナンバー。ベッドも指定されます。
この時は、突然、クレタ島からアテネに移動、ということになったので、
初めて船内でチケットを買いました。
私たちが船にたどり着いたのは、乗船時間過ぎ!
ですが、港にはフェリーに乗る車がまだ列をなしていました。
乗客入り口でチケット確認をしているので、そこでパスポートを見せて購入。
39ユーロはデッキクラスの値段です。

部屋を予約してある場合は、船内のフロントでキーをもらいます。
飛び込みの場合は、ここで部屋を取るのですが、この日は予約で満室。
必要なら、キャンセルのウェイティングリストに名前を書き込みます。
この時、自分の番号を覚えておくこと。
全ての乗客が乗船を済ませ、チェックインをした後、空きが出るとこのリスト順に番号を呼ばれます。
ハイシーズン、他の航路は分からないんですが、ギリシャ語の放送だけなので
フロントに張り付いていたほうが無難かも知れませんね。
d0042214_22241662.jpg
結局、私は部屋が取れずサロンで寝ましたが、エアコンが寒くて寒くて…。
凍死するかと思いましたが、
なんとキャビンはもっと寒くて、友人一家も良く眠れなかったそうです。
夏場はそこまで冷え込むことはないと思いますが、要注意ですね。
サロンは一晩中、明りが付き、人の流れもありましたが、
上手く場所が取れてちゃんと横になって眠れました。
ただし、朝5時半には、サロンの業務開始のため、たたき起こされました!!!
d0042214_2227454.jpg
お陰さまで、徐々に明るくなっていく空と
だんだん近づいてくる港を眺めながら、
コーヒーを飲む最高ランクの朝の迎え方ができました^^

では、皆さんもこの夏、Καλο Ταξιδι!!(カロ タクシーディ 良い旅を)
[PR]