イルカのペンダント

yuuさんのブログを読んでいて私もmyイルカのお話を書きたくなりました。
このブログを始めたころに紹介したイルカリングたち、最近は身につけることもなくなりました。
が、最近、イルカのペンダントが加わり、折に触れ身につけています。d0042214_0491851.jpg
実はこれはある男の子からのプレゼント。
と言ってもふかーい意味は全くないんですが、私にとってはちょっとした感動もの。
と言うのも、これはギリシャの友人の息子からのプレゼントなんです。
その友人とは彼が小さい頃からの知り合い。
一緒にビデオ屋さんに行ったり、親が昼寝してる間に一緒に遊んだり…
遊んでる時、ちょっと加減が出来なかったら、泣き出して
「ママー、Aが僕のこといじめたー」ってママに告げ口。
友人は「Aはあなたが大好きなのよ」ってフォローしてくれましたが^^;

そんな少年も成長し、最近仕事に就きました。
今は別れてしまった両親のうち、母親と暮らし生計を助けています。
父親は病気を抱えていて、その手当てのためロンドンまで行かなくてはならなかったのだけど彼が費用を出し、付き添いました。
d0042214_053424.jpgこんなに親孝行な青年に育つとは…良く、泣き喚いていた彼を思い出すと感無量。
普段は至って冗談好きで、未だにママに甘えていますが、
そんな彼が私に、と贈ってくれたイルカのペンダント。
私にも優しい気持ちを分けてくれてありがとう。

「今度は僕が日本に行くから、日本で会おうね」って言ってくれた言葉も嬉しくて…
いつもは時が経つことが速すぎて、止まって欲しいと思うのだけど、人が成長する姿を見ることが出来る、って言う最高の贈り物を頂くと、時間の経過も嬉しいものだな、と感じます。
[PR]
by kranaA | 2008-11-17 00:54 | 身につけるもの | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/8932303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fracoco at 2008-11-19 20:45 x
私も、最近は時の流れがもっとゆっくりだったらなぁ、と思うことしきりですが、
kranaAさんと友人の息子さんの関係に、時間の流れの暖かさを感じます。
折りに触れてカード、メール、…とコンタクトを欠かさないkranaAさんの姿が垣間見える気がします。

イルカの指輪、私も持っていたのですが、そういえばどこへやってしまったかしら!?
Commented by kranaA at 2008-11-19 23:08
fracocoさんでも、時間の流れに追いかけられる気がすることがありますか?
こればかりは誰にも平等ですね。
いつも身近にいない分、たまに会った時の成長振りに驚くことが多いです。
でもちょっと会話をするとあっという間に昔の姿が現れてまたそれが愛おしいものなんですね。

私も、「そういえばどこへ…」って言う品物の多いこと、いっそ思い出さなければ良いものを、思い出してしまうと偏執狂のように探してしまいます^^;

Commented by marri at 2008-11-20 21:16 x
手の掛かる子ほど・・・いい子に育つって。
ウチの長男、何のいう事なし大きくなりました。就職まで。
結婚では2度も三度も躓きました。手が掛かりました。
それからチョッピリ期待してたけど、ちっとも優しい事無い息子です。
なんでこんなこと言っちゃったんだろう。愚痴ってみたい夜でした^^;;うふふ(--;;)
Commented by kranaA at 2008-11-20 22:27
marriさんは苦労されて息子さんたちを育て上げられたんでしたね。
そんなmarriさんを見て成長された息子さん、
きっとお母さんのこと、大切に思ってますね。
私もそう思ってますが、自分の親には気恥ずかしくて
きついことばかり言っちゃいます。反省させられたお言葉でした!!