クリスマスカード サンタクロース その2

今年もアテネ市内で様々なクリスマスのイルミネーション、イベントが始まったようです。
って書こうと思ってたら、アテネの中心で暴動が起きていてびっくり!!
エクサルヒアと言う国立考古学博物館に近い地域で起きた16歳の少年が警察に銃撃されて重症を負った事件をきっかけに、今現在もアテネ市内アレキサンドラス通りやテッサロニキで暴動が起きている模様です。
d0042214_2236698.jpgこの少年が撃たれたのは警察と過激派の衝突がきっかけだそうです。
車などに火が放たれ、煙に捲かれて涙声でレポートしている女性にラジオ局から、深呼吸して、と声がかけられています。
実際にはその地点以外がどんな状況か分からないですが、現地にいらっしゃる皆さま、お気をつけてください。
今年は経済状況の世界的な悪化の影響で、例年以上にデモや集会の多いアテネ。
私も旅行で訪ねた際に、何度か集会を目にしました。
ギリシャに限らず、アメリカでも日本でもたくさんの不況の犠牲者が出ています。
このお祝いの季節に一人でも多くの人が、希望を持って新年を迎えられるように自分自身のことを含めて祈らずにはいられません。
こうした積極的な抗議姿勢を示すことが時に必要なのだろうか、実際にその成果があるのだろうか、と日本での静かな抗議の姿と比しながら…。
華やいだ街並みを無邪気に歩く人々をどこか羨むようみ、どこかでさげすむ自分に気づき、自らの心の貧しさをちょっと反省。
本当の豊かさって一体何なんでしょうね。
それを教えるためにサンタさんが入るはず…とこの季節に心を寄せつつ。
[PR]
by kranaA | 2008-12-07 22:37 | 読むもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://krana.exblog.jp/tb/9030417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fracoco-y at 2008-12-07 23:45
何だかおカネが一人歩きしてしまったのかなぁ、なんて思います。

お金だけが価値ではないし、またお金そのものが悪いわけでもないのに、それが最終目標みたいになってしまって・・・。
株の平均価格が半分に下がったところで、トヨタの車が半分のサイズになったり、ナショナルの洗濯機が半分しか回らなくなるわけでもないのに、世界を悲観的な気分が覆ってしまう・・・。
金融とか、経済って何だろう・・・?
どうして経済には波があるのだろう?
とつらつら考えます。
本当に、誰もが心安らかなクリスマスや新年を迎えられるよう、
祈りたい気持ちがします。
Commented by kranaA at 2008-12-08 23:48
fracocoさん、それも実際のお金が動いているわけではないんですよね。

一方、こうした暴動ですが、時間を置いて振り返ると彼らの行動の価値が見えてくるのかもしれませんが、今の段階では一部に煽動されて、暴力を振るっているようにしか思えません。
破壊から生まれるもの派あるのでしょうか…。