ギリシャでご馳走になったもの その11

d0042214_21435913.jpg昨日、5月1日はギリシャは祝日で3連休です。
意外と祝祭日が少ないので、連休には地方へ出かける人が多いみたいで、必ずニュースサイトには交通渋滞の記事が載っています。
それと一緒にニュースサイトを賑わしているのが、豚インフルエンザ。
人の行き来が本当に世界規模になっているのを実感する出来事です。
ギリシャ語で豚インフルエンザは η γλιπη των χοιρων (イ グリッピ トン ヒーロン)、γλιπηがインフルエンザでχοιρωνが「豚の」という意味です。
これが豚肉になると χοιρινο(ヒリノー)。
レストランでこう書いてあったら、豚肉のお料理ですから、気をつけてくださいね。
写真はクレタ島レシムノの旧市街にあるレストラン街とそこで食べた豚肉料理(名前は忘れちゃいました、すみません)

d0042214_21443885.jpg


ちなみにギリシャではまだ感染は確認されていません。
数日前、感染者が出たとの報道がありましたが、保健省のアブラモプーロス大臣は否定し、ギリシャは安全であると表明しました。
アテネ空港でも日本同様、サーモグラフィを採用したようです。
感染者が出たと疑われた日本からの旅客は厳しくチェックされちゃうのか、ちょっと心配です。
日本でも国や県が「何とかプラン」と称して様々な政策や行政の改革などの推進に名前をつけて進めますが、ギリシャでは今回のインフルエンザ予防対策にも名前がついています。
その名も「アルテミス」。
何でアルテミスなのかは、私には聞かないでくださいね^^
[PR]