今度は本当にギリシャ語の辞書

前回の「偉大なギリシャ人たち」の結果がどうなったかお知らせもせず、日にちが経ってしまいました。
SKAIチャンネルのホームページがこの発表の直後、全面モデルチェンジしてしまい、いつものニュースを見るのもしばらく四苦八苦してまして…。
結局、この投票開始からずっと1位にいたアレクサンドロス大王が最後までぶっちぎりました。
我等が(?)パパニコラウは最初2位、先日、お話した時は3位に落ちていましたが、その後盛り返し2位に入りました。
3位にはコロコトローニス。
d0042214_224843.jpg
アレクサンダー大王はマケドニアの王様なので、どんなものかな、と思ってましたが、政治問題になりそうなので大人しくしておきます。
4位に入ったカラマンリスは現税のギリシャの首相、カラマンリスのおじさん。
日本では選挙をにらんで政治家の世襲についての制限を出そうとしている党が出ていますが、どこまで上手く行くのか。
ギリシャではもっとこの地縁血縁がものを言うので、社会自体が大きくひっくり返されるような事件が起きない限りは続くんじゃないかな、と思います。

余計なことで長くなりましたd0042214_22482359.jpg
最近、とんとギリシャ語の本が読めていません。
それなりに読んでいて、進まない理由もあるんですが、あまりにも進まないので、ここらでもうちょっと軽いものに切り替えようかと思ってます。
そうは言っても簡単に新しい本が手に入るわけじゃないので、まずは前回もらった小学生向けの辞書2冊をじっくり読んでみようかな。
ついに私もギリシャ語-ギリシャ語の辞書を読む日が来た!!!って自分では喜んでるんですが、写真の通り挿絵がいっぱいある絵本のような辞書。
手前が低学年用、奥が高学年用。
高学年用の方が、ずっと見出し語の数が少ないんですが、その分、日常よく使う大切な単語を子供にも分かるように解説し、用法もいくつか載っています。

さて、これを一冊読みきれば、私もギリシャの小学生並みにギリシャ語が喋れるように、はならないでしょうが^^;
[PR]